塩分は取りすぎてはいけません。また、塩分を多く含む食品があります。これらの塩分量を知ることで、塩分の取りすぎに気を付けたり工夫できたりします。ここでは塩分の多い一部の食品について取り上げていきます。