1日の塩分摂取量ってどうすればいいの?

 

こんにちは、まちゃはるです。

 

先日の記事 塩分が不足することによる影響とは?塩を制限しすぎると命に係わる

にあるように、塩分が不足することにより

体に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

血圧低下、脱水症状、脱力感、痙攣

意識障害と、進行するにつれて

命にかかわってくるような

症状を引き起こすんでしたね。

 

また、先日の記事 生活習慣病の引き金に!塩分を過剰に摂取することによるリスクとは

にあるように、塩分を摂りすぎても

生活習慣病を引き起こす原因に

なりうるのでしたね。

 

「じゃあ、どうすればいいの」

と言う声が聞こえて着そうですね。

 

そこで、どうしたらいいかを

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

1日の塩分摂取量について

 

1.日本人の1日平均塩分摂取量は?

 

1日の塩分摂取量は

その人の生活習慣によって変わりますね。

 

つまり個人差があるので、日本における

「1日平均塩分摂取量」を見ていきます。

 

少し古いですが、厚生労働省の

「平成25年

国の健康・栄養調査結果の概要」

によると、

年齢によって多少のばらつきがあるものの、

日本人の平均塩分摂取量は

「男性=11.1g」「女性=9.4g」

ということになっています。

 

小さじ2杯程度の塩分量ですね。

 

これだけがわかっても、

この量が多いのか少ないのか

わかりませんよね。

 

そこで「1日の塩分摂取量」の目標値を

見ながら検討していきます。

 

 

2.日本人の1日塩分摂取量の目標値は?

 

これは

「その人の健康状態」によって変わります。

 

厚生労働省が定めた

「「日本人の食事摂取基準(2015年版)

策定検討会」の報告書」では

食塩摂取量の減少を目標に掲げられ

1日あたりの食塩摂取量の目標値を

「男性8g、女性7g」とされています。

 

これはあくまでも

「健康な人」の目標値です。

 

これらを見ると、男女ともに

3~4割程度過剰に摂取している

ということになりますね。

 

ということは「生活習慣病」のリスクが

高いということになりますね。

 

ちなみに、

1日の塩分摂取量の目標値は

WHO(世界保健機関)では5g

腎臓病の治療中の方は3~6g

高血圧や巡行透析中の方は6g

と定められています。

 

世界的な機関であるWHOに基準からみると

日本人は塩分摂取量を

半分にしなければならず、

大変厳し数字ということになりますね。

 

 

3.普段の食生活で気を付けること

 

塩分の平均摂取量を見ると、

塩分をとりすぎている傾向にありますね。

 

これは「濃い味」を好む傾向が

あるためなんですね。

 

そこのあなたも

食材にしょうゆやソースを

ドバドバかけて食べていませんか?

 

かくいう私もそんな感じでした。

 

しかし、身近で高血圧による脳卒中を

患ってしまい、今でも後遺症に

悩んでいる人がいます。

 

それからというものの、

私は家族とともに

薄味を心がけるようになりました。

 

例えば、もともと塩味があるものは

そのまんま食べることにし、

しょうゆやソースはなるべくかけないように

心がけました。

 

そしたら、

食材本来の味」がわかるようになり、

薄味でも満足できるようになりました。

 

今思えば、食材を食べているのか

しょうゆを食べているのかわからない

状態でした。

 

最初のうちは味気なく感じるか

もしれませんが、少しづつしょうゆや

ソースを減らすことで、

薄味に慣れて「食材の美味しさ」で

満足できるようになります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

様々な角度から見ても、

日本人は「塩分の摂りすぎ」

の傾向にあることがわかりますね。

 

特にWHOの基準からすると

2倍以上の塩分を摂取していることに

なりますね。

 

日本では生活習慣病の人が多いのも

この辺りも原因の一つではないでしょうか。

 

WHOの数値とは言わなくても、

日々の食事の中でも薄味を

意識してみてはいかがでしょうか。


においケアランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村