腎機能低下が起きる原因は様々

 

 

こんにちは、まちゃはるです。

 

先日の記事 腎臓の働きとは?体の健康状態を保つ重要な臓器の一つ

では腎臓の働きについて

取り上げました。

 

体内の水分調整や

毒素をろ過して体外への排泄、

血液を作るホルモンや

血圧を調節するホルモンの分泌、

血液のイオンバランスの調整、

変え牛有無の吸収を助け骨の強化など

多岐にわたっています。

 

どれも健康状態を維持するうえで

必要な機能です。

 

しかし、腎臓は無敵ではありません。

あらゆる要因によって

腎機能低下を起こしたり

腎不全になる恐れがあります。

 

そこで、腎不全と急性腎不全の原因について

取り上げていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

「腎不全」とは

 

腎臓内には血管がたくさんあります。

 

その血管を通る血液をろ過する「糸球体

と呼ばれる網の目があります。

 

この「糸球体」が何らかの原因で詰まると

腎機能低下を起こし、体内の老廃物を

十分に排泄できなくなり、腎機能が

通常の30%以下に落ちた状態

「腎不全」といいます。

 

腎機能が急に低下した状態を「急性腎不全

といい、徐々に低下した状態を

慢性腎不全」といいます。

 

一度「慢性腎不全」になると

「腎移植」しない限り

腎機能は回復しません。

 

まあ現在進められている「再生医療」が進み

腎臓を再生することができるようになれば

話は別ですけどね。

 

それにはあと何年かかるかわかりませんが。

 

 

「急性腎不全」になる原因

 

「急性腎不全」はその名の通り

急に腎不全になることです。

 

急性腎不全の治療は工透析が主流ですが

慢性腎不全と違い、原因を取り除き

早めに対処することで

人工透析が一時的なものになる場合が

多いのが特徴です。

 

ちなみに慢性腎不全で人工透析が

必要になった場合は、現在の医療では

その人工透析は一生続きます。

 

 

1.腎前性急性腎不全

 

腎臓に流れる血液が減少することにより

糸球体に置けるろ過率が低下した状態

をいいます。

 

主な原因としては嘔吐、下痢、多尿などの

脱水症状や、出血多量によるショックや

心筋梗塞等によって起こります。

 

この場合は腎機能が低下したわけでなく、

血圧の急激な低下によって起こっています。

 

腎臓自体は正常ですが、原因の治療を

急ぐ必要がありますね。

 

 

2.腎性急性腎不全

 

腎前性急性腎不全とは違い、

腎機能そのものが低下しており、

ろ過機能が低下したり尿量が減少する状態

をいいます。

 

原因としては急激かつ激しい運動や

薬剤などでの中毒症状などがあげられます。

 

これらは地蔵自体が障害を受けているので

早く治療をしないと腎機能が

どんどん低下してしまいます。

 

 

3.腎後性急性腎不全

 

腎臓から尿が作られて尿路を通って

膀胱へ流れていきますが、この尿路が閉塞し

尿が出せない状態を言います。

 

原因としては両側の尿路結石や前立腺肥大、

膀胱炎などが原因です。

 

これは治療で尿路を確保することによって

治療できる場合があります。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

「腎不全」とは腎機能が30%以下

になった状態をいい、

急に腎機能が低下した状態を「急性腎不全」

徐々に起こった場合を「慢性腎不全」

といいます。

 

慢性腎不全は治ることはありませんが、

急性腎不全は治る場合も多いです。

 

しかし、気を付けなくてはならないことは

「急性腎不全」の患者致死率が50%近い

ということです。

 

これは急性腎不全そのものが原因ではなく、

急性腎不全を引き起こしている症状が

原因であるとされています。

 

また、急性腎不全であっても場合によっては

慢性腎不全に代わる恐れがあります。

 

どんな行基もそうですが、早めの治療が

カギを握ります。

 

「なんか調子が悪いな」とか、健康診断の

結果が悪いときは迷わず病院に行くことを

お勧めします。

 

「病院嫌い」や「医者嫌い」の人も

いるかもしれませんが、

手遅れになれないように早めに

手を打っていただけたら幸いです。


においケアランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村