腎臓病患者の食事療法は通常とは違う

 

 

 

おはようございます、まちゃはるです。

 

先日の記事 慢性腎不全患者の食事制限とは①?カリウムを含む食べ物には要注意

では慢性腎不全の方が「カリウム制限」

を受けるということについて

取り上げてきました。

 

腎臓が正常に機能していれば

カリウムを含む食材は身体にいいですが、

慢性腎不全患者の場合は腎臓で

余分なカリウムをろ過できずに

血液中にたまり「高カリウム血症」

になるんでしたね。

 

カリウムを含む食べ物は野菜やイモ類など

体にいいものが多いいですね。

 

しかし、慢性腎不全患者が

制限しなければならないのは

カリウムだけではありません。

 

そのうちの一つが「タンパク質」です。

 

そこで、慢性腎不全患者の

タンパク制限について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

慢性腎不全患者の「タンパク制限」について

 

1.タンパク質の働き

 

主に体を作る働きがあります。

特に筋肉を鍛えるためには

欠かせない成分です。

 

ダイエットには筋トレが効果的ですが、

筋トレ+タンパク質の摂取が

セットになります。

 

また、代謝のための酵素の役割をしたり

栄養の循環や貯蔵、免疫力の向上、

体内の神経における情報伝達など

重要な働きをしてくれます。

 

炭水化物、脂質と並んで

「三大栄養素」の一つです。

 

もちろん摂りすぎると肥満などの

原因にもなりますので良くありませんが、

不足すると体が弱ったり免疫力が

弱ったりする恐れがあります。

 

 

2.なぜタンパク制限をしなければならないのか

 

タンパク質の代謝物として 

「尿素窒素」等の老廃物を出します。

 

これらの老廃物は、本来腎臓の糸球体で

ろ過され尿として排泄されます。

 

しかし、慢性腎不全で腎機能が低下すると、

尿素窒素等の老廃物をろ過するだけの

糸球体が足りず、残っている糸球体の

機能が落ち、それが腎機能の低下に

繋がります。

 

つまり慢性腎不全の状態において

タンパク質の過剰摂取は

腎臓に負担をかけ、

腎機能の低下につながります

 

ですのでタンパク制限が

必要になるわけです。

 

スポンサーリンク

 

 

3.どのぐらいのタンパク質を摂ればいいのか

 

タンパク質の摂取量は「標準体重」

によって変わります。

 

標準体重(kg)=身長×身長(m)×22

 

私は171cm(1.71m)なので

標準体重は64.3kgになります。

 

「日本腎臓学会」の

「慢性腎臓病に対する食事療法基準」

(2014年版)によると

この標準体重当たり0.6~0.8g

のタンパク質の量を摂取するよう

推奨されています。

 

私の場合は38.6~51.4g

になります。

 

ただ、同書によると一部では肝疾患に

関わらず、一定のタンパク量を確保すべき

との見解もあるようです。

 

一定のタンパク量とは

標準体重×0.8~1.0g

ということになり、私の場合は

51.4g~64.3gになります。

 

慢性腎不全の場合はかかりつけの

医師がいると思いますので、

その栄養指導に従ってください。

 

 

4.カロリーはしっかり摂る

 

タンパク制限をされていても

カロリーは十分に摂る必要があります

 

カロリー不足になると、自分の筋肉を分解し

それがエネルギーになります。

 

筋肉はタンパク質からできており

筋肉が分解することは

タンパク質が分解するのと同じで

そこから「尿素窒素」等の老廃物を

出してしまいます。

 

ですので慢性腎不全患者には

低たんぱく高カロリー食」を

求められます。

 

ですのでゼリーやビスケットなどで

タンパク質は少量でカロリーが補える

食品を食べたり、調理法を工夫して

カロリーを摂る必要があります。

 

目標のカロリーの目安として1日当たり

標準体重(kg)×25~35(kcal)

になります。

 

私の場合は

1607.5~2250.5kcal

になります。

 

後は糖尿病や肥満、普段の活動量等から

総合的に判断されます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

まとめ

 

タンパク質は三大栄養素の一つであり

身体を作るうえで重要な栄養素です。

 

しかし、慢性腎不全患者には

そのタンパク質が制限されます。

 

また、カロリー不足は筋肉の分解に

繋がりますので、補助食品や

調理法などで一定のカロリーを

確保する必要があります。

 

「タンパク制限」といっても

「タンパク質を摂ってはならない」

ということではないので、

必要なタンパク質は

摂るようにしてください。

 

このような制限を受けないためにも

普段から腎臓を大切にしてください。


においケアランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村