皆さんに謝らなければならない

 

こんにちは、まちゃはるです。

 

いきなりなのですが

皆さんに謝っておかなければならない

ことがあります。

 

先日の記事 アルコールパッチテストでお酒の強さを測る!お酒を飲むと強くなるの?

では「おアルコールが飲めない体質」の人と

「アルコールに弱い体質」人と

「アルコールを普通に飲める体質」人に

分かれることを取り上げました。

 

そして、「アルコールパッチテスト」

で得られた結果により決まるもので

その結果は変わらないと断言しました。

 

しかし、ある方からご指摘を受けまして

アルコールに強くなる可能性がある

ということを言われました。

 

あくまでも「可能性」の問題であり、

大抵の人は「アルコールパッチテスト」

の結果の通りにはなるらしいですが。

 

しかし、「アルコールパッチテスト」

の結果はずっと変わらないと断言した以上は

嘘を言ったことには変わりません。

 

ここで謝罪すとともに、

「アルコールに強くなる可能性」について

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

「アルコールに強い人」とは

 

「アルコールに強い人」とはどんな人か

もう一度見ていきます。

 

アルコールは体内に入ると

「アセトアルデヒド」が発生します。

 

このアセトアルデヒドが

悪酔いや二日酔いなどを引き起こします。

 

要するに、アルコールに強い人は

アセトアルデヒドを分解する力が強い人

ということになります。

 

すなわちアセトアルデヒドを分解する酵素が

ある人がアルコールに強いと

先日の記事では言いました。

 

ここが少し違うようで、

「アセトアルデヒドを分解する酵素の

活性具合で強さが決まる」ようです。

 

 

「アルコールの強さ」は遺伝子の組み合わせで決まる

 

「分解する酵素がない」ということと

「分解する酵素が活発でない」というのでは

ちょっとニュアンスが違ってきますね。

 

この分解応力があるか否かは

遺伝子の組み合わせによって違ってきます。

 

ちなみに日本人は、アルコールの

分解能力が高い遺伝子の人(酒豪)は50%

分解能力が低い遺伝子の人(下戸)は5%

残りの45%は両方を持ち合わせた人

ということになります。

 

この45%の中には

「アルコールパッチテスト」で

「弱い」と判定されても、

飲むことを重ねることで

強くなる可能性があるということです。

 

 

 

「アルコールに強くなる」メカニズム

 

「アルコールに強い遺伝子」と「弱い遺伝子」

の両方を持つ人がいます

 

このような人は、アルコールを飲む量を増やしたり

回数を重ねることによって、アセトアルデヒドを

分解する酵素が活性化する可能性があります。

 

これは、アセトアルデヒドを分解する酵素

が強い遺伝子を持つ人は、この働きが

活性化する可能性があり「お酒に強くなる」

ということもあるそうです。

 

この遺伝子を見る方法としては

両親にアルコールに強い人がいるかを

見るのが一番簡単です。

 

しかし、本当に遺伝子を調べたければ

医療機関にかかるという手もあります。

 

ただ、仮にアルコールに強くなったとしても

強くなるまでにお酒を飲むことになり

肝臓に負担をかけることには

変わりありません。

 

また、急に強くなることは少なく、

強くなる前に体調を崩しては

元も子もありません。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

アルコールに強くなる「可能性」が

ある人もいるのが事実なようで、

遺伝子の組み合わせによるそうです。

 

ただ、「アルコールに強い遺伝子」

があっても強くならない人が

多いのも事実です。

 

ただ、「強くならない」と断言したことには

違いありませんのでその点に関しては

謝罪させていただきます。

 

一つ私が考えることは

「無理して強くなろうとしても

いいことはない」ということです。

 

また、アルコルの作用によって

脳神経細胞に異変が起き、

感受性が低下している

人が多いのも事実です。

 

何だかいいわけくさくなりましたが、

お酒に強かろうが弱かろうが

「適量」を超えても見続けることで

体調を崩す恐れがありますので

そこを踏まえていただけたら幸いです。


においケアランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村