日本人は塩分を取りすぎている

 

こんにちは、まちゃはるです。

 

先日の記事 塩分の1日の適切な摂取量は?日本人は塩分の摂りすぎ?

にあるように、我々日本人は

平均して塩分を取りすぎている

傾向にありますね。

 

WHO(世界保健機関)が掲げる目標値より

2倍程度かそれ以上の塩分を取っています。

 

厚生労働省が掲げる目標も

「男性8g」「女性7g」「疾患患者6g」

と定められ、世界的に見ても

塩分をとりすぎているのでは

ないでしょうか。

 

そこで、塩分を取りすぎないようにするには

どうしたらいいか、また、そのチェック法

について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

塩分をおさえる方法

 

1.薄味に慣れる

 

先日の記事 塩分の1日の適切な摂取量は?日本人は塩分の摂りすぎ?

にあるように、しょうゆやソースなどを

かけすぎている人が多いように感じます。

 

これを少なくし、薄味に慣れることで

食材本来の味」を

楽しめるようになります。

 

最初のうちは味の物足りなさを

感じるかもしれませんが、

徐々にしょうゆやソースの量を

減らすことで薄味にも慣れてきます。

 

 

2.「かけておく」のではなく「直前につける」

 

「いただきます」の号令と同時に

しょうゆを「かけておく」人は

いませんか?

 

私もそうでしたが、予め「かけておく」

ほうが楽なんですよね。

 

しかし、これでは

塩分が多い割に味が薄く感じる

という状態になってしまいます。

 

それでまたしょうゆを

かけることになったら最悪です。

 

しょうゆやソースを予め「かけておく」

のではなく、食べる「直前につける」

ようにすると、少ないしょうゆの量でも

予め「かけた」ときと同じような塩気を

感じることができます。

 

つまり、しょうゆ皿にしょうゆを入れておき

食べる直前に少しだけしょうゆを

つければいいのです。

 

そうすることで塩分のとりすぎを

緩和することができます。

 

 

3.塩分の少ない調味料に変える

 

塩はもちろんのこと、

しょうゆは塩分が多い調味料です。

 

お好みや、食材によってはしょうゆでないと

ダメだという場合もありますが、

塩分の少ない調味料に変えるだけでも

塩分量は少なくて済みます。

 

ちなみに「小さじ1杯分」の塩分量は

以下の表の通りです。

 

種類 塩分量 塩との割合
5.0g 100%
しょうゆ 0.9g 18% 
 みそ  0.7g 14%
 減塩しょうゆ  0.4g 8%  
 中濃ソース 0.4g  8% 
 減塩みそ 0.3g  6% 
 ケチャップ 0.2g  4% 
マヨネーズ 0.1g 2%

 

塩分だけを見ると

「マヨネーズ」が圧倒的に

塩分が少ないですね。

(脂分が多いですが)

 

上の表を見るとわかると思いますが、

例えば「しょうゆ」を「中濃ソース」に

変えるだけで減塩になりますね。

 

このようにして、なるべく塩分少ない

調味料を使うことによって

減塩に繋がることになります。

 

 

4.だし、酸味、辛みを利用する

 

例えば、塩分だけで言ったら

マヨネーズはとても少ないですよね。

 

塩のたった2%です。

 

しかし、そんなに味が薄いように

感じるでしょうか?

 

おそらくそんなことはないと思います。

 

これはマヨネーズの「酸味」が

効いているためです。

 

そのために味が強く感じられます。

 

これと同様に、「だし」をきかせたり

「香辛料」などで辛みを付けたり、

軽く焦げ目をつけて「香ばしさ」をつけると

塩分を抑えても味の濃さを

感じることができます。

 

 

5.1品だけ味を濃くする

 

「味を濃くする」というよりも

「味にメリハリをつける」と言う方が

正しいかもしれません。

 

薄い味のものばかりだと

満足感に乏しくなりますが、

例えば主菜にはしっかりと

味付けするだけでも

味に対しての満足感が得られます。

 

 

6.麺類や煮物などの汁は飲まない

 

麺類や煮物を食べるときに、

汁を完飲する人ぎますよね。

 

この汁の中には塩分が

たくさん含まれています。

 

特に麺類は汁を飲まなくても

塩分が多く含まれていますので

汁を飲むことを控えるようにしてください。

 
スポンサーリンク

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は「塩分の取りすぎ」を

防ぐための方法について

取り上げました。

 

塩分を取りすぎてるなあと

思っているそこのあなた。

 

上記の方法をぜひ試していただき

塩分の取りすぎを防止してほしいと

思います。


においケアランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村