炭水化物はダイエットの敵?

 

こんにちは、まちゃはるです。

 

最近は「ダイエットメニュー」について

取りあげてきました。

 

しかす、そればっかりやると

飽きてしまう恐れがあるので

今回からお休みして、

少し趣向を変えてみようと思います。

 

とはいっても「ダイエット」の

話題材自体は取り上げていきます。

 

まず、ダイエットをする人の中には

炭水化物制限・抜きダイエット

をやる人が多いですよね。

 

世間では「炭水化物はダイエットの敵」

と思っている人が多いですよね。

 

本当にそうなんでしょうか?

 

そもそも「炭水化物」とは

どういうものなのかを取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

「炭水化物」とは

 

1.炭水化物とは

 

炭水化物とはタンパク質、脂質と並んで

「三大栄養素」の一つです。

 

炭水化物は「糖質」と「食物繊維」に

分けられます。

 

つまり、

「炭水化物」=「食物繊維」+「糖質」

という式が成り立ちます。

 

ということは、

一口に「炭水化物」と言っても

「糖質の多い炭水化物」

「糖質の少ない炭水化物」

あるということです。

 

皆さん知っていましたか?

知らない人も多いのではないでしょうか。

 

何でも過ぎたら良くないですが、

「食物繊維」は腸内環境を整えてくれる

体にいい成分ですね。

 

食物繊維が不足すると

便秘になる恐れがあり、

腸内環境はおろか、毛杖kを通して

体中に老廃物が行き渡ってしまいます。

 

「食物繊維」が「ダイエットの敵」

だと思っている人はいないと思います。

 

問題は「糖質」ですね。

この糖質が「ダイエットの敵」として

扱われていますね。

 

ではこの「異質」とは何なのかを

取り上げていきます。

 

 

2.糖質とは

 

「糖質」とは「炭水化物」から「食物繊維」

を抜いたものです。

 

「糖」と言うからには「甘いもの」

というイメージが強いですよね。

 

もちろん甘いものもありますが、

甘くないものだけとは限りません。

 

「糖質」とひとくくりにされがちですが、

「糖質」には様々な種類があります。

 

 

①.糖類

 

「単糖」(糖類中で最も単位の小さいもの)

と「二糖類」(単糖が2個くっついたもの)

を合わせたものを言います。

 

ブドウ糖や砂糖、果糖がこれに該当し

強い「甘み」があり摂取すると

血糖値が上がります

 

 

②.多糖類

 

単糖が11個以上くっついたものが

「多糖類」です。

 

でんぷんが分解されることで

得られる「デキストリン」や

肝臓に蓄積される「グリコーゲン」が

これの仲間です。

 

でんぷんは穀類やイモ類等に含まれます。

 

「炭水化物抜きダイエット」で

ご飯を抜く人が多いのは

このためですね。

 

これらは「甘み」は少ないながらも

血糖値を上げてしまいます

 

 

③.糖アルコール類

 

「アルコール」という名がついていますが

お酒に含まれている「アルコール」

とは別物です。

 

「キシリトール」がこの仲間で

虫歯になりにくい性質を持っています。

 

「キシリトール」はよく聞く成分ですが、

ガムなどの甘味料として使われています。

 

皆さんも聞いたことがあるのでは

ないでしょうか。

 

糖アルコール類は

体に吸収されにくく、血糖値の上昇も

他のものに比べて少ないのが特徴です。

 

 

④.合成甘味料(人工甘味料)

 

甘みは残しつつ、血糖値が上がりにくい

ように化学的に合成して作られた

甘味料です。

 

血糖値が上がらないということは

生活習慣病になりにくいのでしょうか?

 

残念ながらそのような報告等は

ないようです。

 

また、摂取しすぎると他の病気に

繋がりかねない怖さがあります。

 

何でも「過ぎたらダメ!」なんですね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

まとめ

 

「炭水化物」の正体は

「糖質」と「食物繊維」が合わさったもの

なんですね。

 

「炭水化物」=「糖質」と思っている人が

多いように感じます。

 

その結果、「ダイエットの敵」と

思っている人が多いようです。

 

これは半分解で、半分間違いでは

ないでしょうか?

 

「炭水化物はダイエットの敵?」

という疑問も半分解で、半分間違い

ではないでしょうか?

 

今回は「炭水化物」の正体と

「糖質」の種類について取り上げましたが、

次回は「糖質」の働きについて

取り上げていきたいと思います。


においケアランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村