メタボの症状の一つである脂質異常症(高脂血症)

 

こんばんは、まちゃはるです。

 

食欲の秋ですね。テレビなんか見ていると

美味しそうなものを美味しそうに食べている

番組って多いですよね。

 

食べているタレントさんが羨ましいと

思うとともに、彼らのリアクション

の大変さや健康状態が心配になるものです。

 

ところで、みなさんの周りに痩せて見えても

お腹だけが出ている人はいませんか?

 

パッと見で分からなくても、よく見ると

お腹だけが出ている人は意外と多いです。

 

そういう人は人知れずメタボである

疑いがあります。

 

メタボはあらゆる病気をを引き起こす

可能性を秘めています。

 

メタボの症状の一つである

脂質異常症(高脂血症)」。

 

スポンサーリンク

 

高血圧、高血糖とともに、

恐ろしい病気を引き起こしかねない

脂質異常症。

 

高血圧の原因にもなり、密接な関係がある

脂質異常症。

 

ゆえに、先日の記事 メタボ解消はなぜ必要なのか①~生活習慣病である高血圧による症状とは

にあるように、合併症も高血圧のものと同じ

ものが多いので、今回は脂質異常症とその

原因と対策について取り上げていきます。

 

 

脂質異常症とは

 

脂質異常症(高脂血症)とは、血液の中に

中性脂肪とコレステロールが異常に増加する

症状です。

 

高血圧、高血糖と同様に自覚症状がなく、

気づいたときにはすでに合併症を

引き起こしていることも多い恐ろしい

症状である脂質異常症。

 

そうなる前に、原因と対策を講じて

メタボ解消に努めて欲しいものです。

 

 

脂質異常症の原因と対策

 

脂っこいものや甘いものを控える

 

メタボの人は脂っこいものや甘いものを

好んで食べる人が多いですよね。

 

しかし、これらを摂りすぎることで

コレステロールの数値が高くなります。

 

できる限り適量を摂るように控えるとともに

食物繊維やビタミン、ミネラルなども

しっかり摂ってバランスの良い食事を

してください。

 

 

コレステロールを下げてくれるものを食べる

 

コレステロールの食事を控えるのも

手段ですが、コレステロールを下げてくれる

食品を食べることも、脂質異常症を

予防するうえで有効な手段になります。

 

大豆製品や野菜、果物、青魚、海藻類などは

コレステロールを下げる働きがあります。

 

ちなみに大豆製品には納豆や煮豆、豆腐、

厚揚げ、おから等があります。

 

青魚には秋刀魚(秋刀魚)サバ、イワシ、

マグロ、カツオ、アジ、ブリ等があります。

 

特にサンマは今が旬ですので摂らない手は

ないですね。

 

野菜、果物、海藻類もしっかり摂って

バランスの良い食事をしてください。

 

 

運動不足の解消

 

運動をすることによりコレステロールを

消費することで、脂質異常症を予防する

ことにつながります。

 

先日の記事 メタボ解消をする方法!原因と対策(その1)無理なく運動不足の解消

にあるように、有酸素運動をすることが

最も効果的です。

 

しかし、いきなりやれと言われても

なかなかできないものです。

 

ですので、自分の出来る範囲で

普段の生活の中で有酸素運動を

取り入れてください。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

脂質異常症は生活習慣次第でで起こり、

特に食生活でコレステロールを摂り過ぎて

発症してしまいます。

 

脂質常症が続くと動脈硬化を引き起こし、

脳卒中、心筋梗塞、狭心症、腎臓病などの

原因になります。

 

 

食生活を改善しなければならないのは

わかると思いますが、コレステロールの高い

ものって美味しいものが多く、やめろと

言われてもなかなかやめられないものです。

 

「わかっちゃいるけどやめられない」のは

人間の悲しい性、人間らしいもの

でもあります。

 

コレステロールが高いと意識するだけでも

変わってくると思います。

 

ですので、美味しいもの、コレステロールの

高いものはほどほどにして、適度な

有酸素運動をするようにしてメタボ解消に

努めてください。