食生活の乱れでメタボになる

 

こんばんは、まちゃはるです。

今回もメタボ解消について

考えたいと思います。

 

先日の記事 メタボ解消をする方法!原因と対策(その1)無理なく運動不足の解消

にあるように、

運動不足はメタボを引き起こす

ということでしたね。

 

スポンサーリンク

 

メタボ解消を目標にする場合、

様々な方向からアプローチする方法が

考えられますが、その一つとして

あげられる「生活の改善」。

 

食生活を見直して、メタボ解消への第一歩

としていただきたいと思います。

 

 

食生活を改善するには

 

・朝ご飯をしっかり食べる

 

私もそうですが、朝は目覚ましがないと

起きることができません。

 

しかも、スヌーズ機能をフル活用し、

何回も目覚まし鳴らしてやっと起きる

という体たらくです。

 

ですので、1分でも長く寝ていたい

という気持ちは本当によくわかります。

 

しかし、私は朝ごはんを欠かせた

ことはありません。

 

それは、朝ごはんを抜くことで起こる

大きなデメリット。

 

実際にどんなデメリットがあるかを

見ていきたいと思います。

 

 

朝ごはんを抜くデメリット

 

1.朝の頭の回転が悪くなる

 

午前中の頭の回転が悪くなってしまいます。

 

そうなると、機転が効かないということ、

また、仕事の効率も悪くなります。

 

そうなると、残業することも出てきて

家に帰るのも遅くなり、

寝る時刻も遅くなってしまいます。

 

それで、次の日の朝も眠たいという

負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

そうならないように、

少しでもいいので朝食はちゃんと摂ってください。

 

2.太りやすくなる

 

意外に思われる方もいるかもしれませんが、

朝ごはんを抜くと太りやすくなります。

 

朝ごはんを抜くと、

1日の食事は昼食から始まることになります。

 

そうなると、前日の最後の食事である

夕食までの時間が長くなってしまいます。

およそ18時間程度のでしょうか。

 

そうなると、体の中ではより栄養を

摂取しようとしたり、

3食分の量を2食で摂ろうともしてしまいます。

 

その結果、栄養を摂り過ぎてしまい、

太りやすくなってしまいます。

 

ちなみに、1日2食というのは

相撲取りと同じ食事と同じです。

 

私の場合、子供の頃はよく父親に

叩き起こされていました。

今思えば、感謝するしかありません。

 

これらのことから考えても、

朝ご飯はちゃんと摂らないと太る原因

になりますので、きちんと摂ってください。

 

・カロリーの摂りすぎには気をつける

 

これは誰にでも当てはまることてすが、

「摂取カロリー>消費カロリー」

の生活をしていれば太ってしまいます。

 

運動不足でもこの式に当てはまりますが、

カロリーの摂り過ぎでも

この式が当てはまってしまいます。

 

また、年齢を重ねるにつれて

代謝が悪くなるので、

消費カロリーも減ってしまいます。

 

これらのことを踏まえた

食生活をしていただきたいと思います。

 

 

・野菜不足の改善

 

私もそうですが、野菜不足の人は

本当に多いと思います。

 

厚生労働省によると、1

日の目標の野菜摂取量は350グラムです。

 

この量を実際に見たときは

「毎日こんなに食べられないぞ」

と思ったものです。

 

ですので、なるべく摂れる分は摂って、

足りない分は野菜ジュースや青汁、

サプリメントなどで補うといいと思います。

 

・飲酒はほどほどにする

 

お酒を飲んでいると、おつまみを食べてしまい、

つい食べ過ぎてしまいます。

 

また、お酒を飲んだら

「締めのラーメン」を食べたくなりますよね。

私の場合はソバですが。

 

だいぶ前にお医者さんに

「締めのラーメンは全て太る元になる」と、

お互いに締めのラーメンを食べながら

聞かされました。

 

「どないやねん」とツッコミたくならましたけど。

 

また、お酒を飲み過ぎても健康には良くないので

控えた方がいいですよね。

 

たまにならともかく、

飲む機会が多い人は気をつけてほしいものです。

 

 

まとめ

 

今回は「食生活の改善」による

メタボ解消について取り上げました。

 

朝ごはんをちゃんと食べる、

カロリーの摂り過ぎには気をつける、

野菜を摂る(不足分は補う)、

飲酒にはきをつけることで

メタボ解消に近づくことができます。

 

ただ、いきなり全部やろうとすると大変ですので、

出来ることから初めていってほしいと思います。


においケアランキング