スクワットもやり方次第で効果が変わる

 

 

こんにちは、まちゃはるです。

 

先日の記事 ダイエットのためにスクワットで筋トレを!基本的な正しいやり方を解説

にあるように、

 

ダイエットをするためには筋トレが効果的で

その中でのスクワットは特に効果的である

ことを取り上げています。

 

また、更に先日の記事 ダイエットのためにスクワットで筋トレを!下半身痩せに効果的なやり方

記事では

「下半身に特化したスクワットのやり方」

について取り上げていきました。

 

今度は「お腹や背中に効果的なスクワット

について取り上げていきます。

 

上半身のトレーニングでは

痩せてほしくない部分から

痩せていく傾向があります。

 

しかし、

「お腹をや背中を引き締める」

ことには抵抗がある人はいませんよね。

 

そこで、

お腹・背中痩せに効果的なスクワット

のやり方について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

「下半身痩せ」に効果が期待できるスクワットのやり方

 

「全身痩せさせたい」という人が

ほとんどだと思いますが、

「まずはお腹を引き締めたい」という方も

多いのではないかと思います。

 

男性で、ベルトの上にお腹の肉が

乗っていたら格好が悪いですよね。

 

昔太っている友人にそのお腹を指さして

「その中には何が入っているんだ?」

と聞いてやったことがあります。

 

その彼は「『夢と希望』が詰まったお腹だ」

と言い返してきました。

 

「『悪夢と絶望』の間違いじゃないのか?」

と返してやりましたけど。

 

ただ、そういわれたのが悔しかったのか、

今ではすっかり痩せ「て悪夢と絶望」から

解放されていますね。

 

話はそれましたが、

特に男性はお腹が気になる人が

多いですよね。

 

そこで、「お腹や背中痩せに効果的」な

スクワットのやり方を

取り上げていきます。

 

 

1.始める前の姿勢

 

まずは始める前の

正しい姿勢について

取り上げていきます。

 

正しい姿勢・正しいやり方で行わないと

期待されている効果が

発揮されません。

 

まずは、始める前の正しい姿勢から

取り上げていきます。

 

1) 足を肩幅より広く開く

 

先日の記事 ダイエットのためにスクワットで筋トレを!下半身痩せに効果的なやり方

と同様に両足を「お尻が入るぐらい」

開きます。

 

 

2)両腕を前方に伸ばす

 

両腕をまっすぐ前に伸ばします。

今回のストレッチでは

この両腕の動きがポイントになります。

 

3) お腹に力を入れる

 

お腹が出ていないふりをする要領で

お腹をへこませて力を入れます。

 

4) 胸を張る

 

胸を張って顔が前に突き出さないように

耳の下に肩が来るように保ちます。

 

顔を前に突き出ないように

注意してください。

 

目線はまっすぐ前を見ます。

 

5) ほんの少し膝を曲げる

 

膝をピンと伸ばすと負荷がかかりませんので

ほんの少し曲げた状態にします。

 

 

この 1)~5)までが

スクワットを行う前の

正しい姿勢です。

 

最初のうちはこの姿勢を意識して

スクワットを行ってください。

 

 

2.体を下げる

 

1) 両腕を広げて更に後ろにそらす

 

体を下げながら、前に伸ばしている両腕を

前から横へ広げていき、

更に後ろに反るようにします。

(上のイラストを使って家うのは

このためです)

 

肩甲骨同士を真ん中に寄せるイメージです。

 

この時にお尻を突き出して

背中も反るようにします。

 

この時に「股関節から曲げる」

のを意識してください。

 

2) 膝を90°に曲げる

 

股関節とひざを曲げていきますが、

太ももと床が平行になるまで

膝を曲げていきます。

 

このときに、ひざとつま先は同じ方向に

向くようにし、

体を倒しすぎないようにしてください。

 

また、

膝が前に出すぎないようにしてください。

 

体を下げるときは息を吸いながら行い、

呼吸を止めないようにします。

 

ここまでが「体を下げる」行程です。

 

 

3.体を上げる

 

1) 両腕を元の状態に戻す

 

体を上げながら、両腕を前方に伸ばすように

元の状態に戻していきます。

 

2) 息を吐きながら戻る

 

体を上げるときも下げるときも

呼吸は止めないようにします。

 

体を上げるときは息を吐きながら

行ってください。

 

 

1~3だは膝を伸ばし切らないように

行ってください。

 

 

スクワットを行う回数

 

今回も「下半身のスクワット」と同様に

1日に10回を3セット

を目安に、自分のできる範囲で

調整してください。

 

これを1日おきに行ってください。

 

これでもかなりきついはずです。

無理をしないように

自分のペースで行ってください。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

今回は

「お腹・背中痩せに効果的なスクワット」

について取り上げました。

 

今回の「スクワット」では

お腹や背中の筋肉に

アプローチします。

 

個々の脂肪とおさらばして

「悪夢と絶望」から解放されてください。

 

これもまた「継続」する必要があります。

 

また、「すぐ」に効果が

表れるものでもありません。

 

お腹と背中を引き締めたいと

考えている人は

ぜひ参考にしてください。


においケアランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村