食事制限中でも適量の糖質は必要

こんにちは、まちゃはるです。

先日の記事糖質はダイエットの敵?糖質の1日の必要量ついて検証します

では、「1日の糖質の必要量」について

取り上げていきました。

これを読んでいただいた方は

「ご飯1杯分で角砂糖14個分」

というインパクトには惑わされないかと

思います。

「糖質が過剰に摂取」し過ぎると、

先日の記事メタボ解消はなぜ必要なのか②〜生活習慣病である糖尿病による症状とは

にあるように、血糖値が上がり続けると

糖尿病」になる恐れがあります。

「糖尿病」の合併症により最悪の場合、

「失明」、「手足の切断」、「人工透析」

を余儀なくされます。

また、肥満になる恐れがあることから

「炭水化物」を抜いて

ダイエットをしようと知る人がいます。

しかし、血糖値が低くなりすぎると

低血糖」の症状を引き起こす

恐れがあります、。

そこで、「低血糖」について

取り上げていきます。

スポンサーリンク

「低血糖」について

1.低血糖とは

読んで字のごとく「血糖値が低くなる」こと

また、「血糖値が低い状態」を言います。

空腹時血糖値の正常範囲は

(医療機関によって誤差がありますが)

70mg/dl以上~110mg/dl未満

です。

つまり、血糖値が70mg/dl未満だと

「低血糖」ということになりますね。

そして、低血糖によって様々な症状を

引き起こします(低血糖症状)。

低血糖による症状が出るか否かは

個人差がありますが、

低血糖層状が出たときは注意が必要です。

要するに、血糖値は高すぎても低すぎても

体に悪影響を与えてしまいます。

2.低血糖を起こしやすい人

① ダイエットによって糖質制限している人

ダイエットで糖質制限をしている人は

多いですよね。

普段から糖質を摂取しすぎているために

制限して正常な摂取量にするのなら

いいですが、

「ただ単に痩せたい」ため無茶な糖質制限

している人は低血糖に陥る恐れがあります。

② 糖尿病の人

「えっ!?」

と思った方も多いのではないでしょうか。

血糖値が高い人が低血糖だなんて

矛盾しているような感じですね。

しかし、「低血糖」を調べようとしたら

「糖尿病」関係の団体のホームページに

引っかかります。

糖尿病になったら薬を飲んだり

「インスリン」の注射を打ったりして

血糖値を正常値に保とうとしますね。

この「インスリン」を始め、

低血糖を引き起こしやすい

薬があります。

薬を飲む量を間違ったり、

インスリンを注射する単位数(量)を

間違ったり、自分に合っていないことで

低血糖症状を引き起こす場合があります。

また、他の薬との飲み合わせによって

低血糖を引き起こす場合があります。

③ お酒を飲みすぎた人

ご存知の方も多いと思いますが、

アルコールを摂取すると

肝臓に負担がかかります。

そうすると、血糖値が低下しても

肝臓に蓄積されているグリコーゲンから

ブドウ糖が出てこないので

低血糖に陥る恐れがあります。

また、酔った状態だと低血糖の状態に

なっていることに気が付かないことも

多いです。

周りの人も「飲みすぎたから」

と思い込んでいて、

実は低血糖症状だったことで

対処が遅れる場合があります。

何はともあれお酒を飲み過ぎては

いけないということですね。

(耳が痛い?)

④ 激しい運動をし過ぎた人

運動によってエネルギーを使いすぎた場合

低血糖を引き起こす場合があります。

特に空腹時には低血糖を起こしやすいので

空腹時の運動は避けたほうがいいですね。

また、薬やインスリン注射をした後の

運動は、その効果を高めてしまいます。

どちらにしても激しい運動をする前には

注意が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

糖質をとりすぎて高血糖になることによって

生活習慣病になる恐れがありますが、

糖質を制限し過ぎても

低血糖を引き起こす恐れがあります。

まずはバランスのとれた食事をしたうえで

ダイエットに励んでいただきたいと

思います。


においケアランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村