低血糖は体に悪影響を及ぼす

 

こんにちは、まちゃはるです。

 

先日の記事 低血糖の原因とは?ダイエットで食事制限中でも糖質の適量の摂取は必要

血糖値が70mg/dl未満になることを

「低血糖」といい、

様々な要因で低血糖を引き起こします。

 

低血糖を引き起こすの原因としては

 

・ ダイエットによる過度の糖質制限

・ 糖尿病の薬やインスリンの服用の不具合

・ お酒の飲みすぎ

・ 空腹時の激しい運動

 

これらの原因で

低血糖になりやすいんでしたね。

 

ところで、実際に低血糖になったら

どのような症状が出るのでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

低血糖の症状

 

低血糖になると、

体に異変が起こる場合があります。

 

ただ、体に異変が起きやすい人と

起きにくい人がいて、

症状にも個人差があります。

(あまりこの言葉を使いたくありませんが)

 

そこで、低血糖により起きる症状を

血糖値別に取り上げていきます。

 

症状には個人差があり、

数値にも幅がありますので、あくまでも

これらは「目安」としてお考え下さい。

 

 

1. 血糖値70mg/dl未満

 

まずは「軽め」の症状として

交感神経刺激症状」が起こります。

 

具体的には

 

・ 顔が青白くなる

・ 変な汗をかく

・ 不安な気持ちに陥る

・ 脈拍が早くなる・動脈が起こる

・ 手や指が震える

 

のような症状が起きます。

上記は「急に血糖値が下がった場合」

に起きるもので、交感神経症状です。

 

副交感神経症状として

強い空腹感」を感じる場合があります。

 

 

2. 血糖値50mg/dl程度

 

中枢神経にブドウ糖が不足するこで

中枢神経症状」が起こります。

 

具体的には

 

・ 頭痛が起こる

・ 目がかすむ

・ 集中力が低下する

・ めまいがする

・ 眠気(生あくび)

 

のような症状が出てきます。

 

ただ、これらの症状が出るかは

個人差があって、普段から血糖値が低い人や

症状が出ていても自覚がない人がいます。

 

このことを「無自覚低性血糖」と言いますが

この場合、自覚商法が出ないまま、

いきなり3のような重篤な中枢神経症状が

出る場合があります。

 

 

3. 血糖値50mg/dl未満

 

この状態(重症低血糖)になってしまうと、

「無自覚」ではいられずに命の危険がある等

とても重篤な状態です。

 

具体的には

 

・ 昏睡状態になる

・ 異常な行動を起こす(せん妄)

・ 見当識障害を起こす

 

ここまでになってしまったら

かなり危険ですので

できる限り早い段階で

対処する必要があります。

 

 

低血糖を予防するには

 

1.普段から血糖値を把握しておく

 

会社勤めをしている場合は

1年に1回定期検診を受けることを

義務付けられています。

 

そも良きの値を把握することで

早い段階での対処が必要になります。

 

会社に勤めていなくても定期的に

健康診断をすることで

血糖値のみならず、

他の病気を予防することに繋がりますね。

 

 

2.過去に起きた経験を生かす

 

過去に低血糖症状を起こした人は

その時の状況を覚えているはずです。

 

「こないだは〇〇をしたときに

低血糖になったな」とか

「○○のときに低血糖になったな」

というものを把握しておけば、

あらかじめ低血糖にならないための

対処ができますね。

 

 

3.医師に相談する

 

過去に病院にかかったり、

現在でも病院にかかっている場合は

「かかりつけの医師」がいますね。

 

その場合には

食事の内容だったり薬の相談を

することもできますね。

 

 

4.糖質の多い食品を常備しておく

 

血糖値が低い人や糖尿病の人は

飴玉など糖分が多いものを

常備しておくといいですね。

 

糖尿病患者は空腹時の運転時に

低血糖を起こし、

事故につながる恐れがあります。

 

空腹時の運転は避けるか

糖質をとってから運転するように

してください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

高血糖による糖尿病も怖いですが、

低血糖により引き起こされる症状も

怖いですね。

 

ダイエットをする際には

無茶な糖質制限はせずに

ダイエットに励んでいただきたいと

思います。


においケアランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村