縄跳びダイエットもメリットととデメリットがある

 

 

こんにちは、まちゃはるです。

 

三連休が終わって休みボケを

していませんか?

 

休みと言っても家族サービスをしたり

家の中を整理したりと

用を済ませたりすると

かえって疲れるということがありますよね。

 

かといって「寝て曜日」にしたとしても

連休のあとはだるいんですよね。

 

例え休みだとしても普通に起きて

ある程度体を動かした方が

疲れにくいそうです。

 

このあたりはバランスが難しいですね。

 

とはいえこの時期はあまり外には

出たくないですよね、

 

そこで、屋内でもできるのが

縄跳びダイエット」。

 

家の中が狭くてもできるのが

「エア縄跳びダイエット」。

 

しかし、どんなものでも

メリットとデメリットがあるものです。

 

これを踏まえたうえで

「縄跳びダイエット」に

励んでいただきたいですね。

 

そこで、「縄跳びダイエット」の

メリットとデメリットを

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

「縄跳びダイエット」のメリット

 

まずは「縄跳びダイエット」の

メリットを取り上げていきます。

 

 

1.低コストでダイエットができる

 

ジムに通ったり器具を買ったりと

コストがかかるダイエットがある中で

「縄跳びダイエット」は低コストで

行うことができます。

 

縄跳びもピンキリありますが、

いざとなれば100均でも売っています。

 

ただ、100均のものだとペラペラの

軽いものなので、できればスポーツ店で

購入することをお勧めします。

 

あとは足のケガの防止ボための

上靴ぐらいでしょうか。

 

ランニングコストがかからずにできるのは

メリットと言えるのではないでしょうか。

 

 

2.手軽に有酸素運動・全身運動ができる

 

「縄跳びダイエット」は有酸素運動であり

全身運動です。

 

屋内で行うことができるので

天候に関係なく行うことができます。

 

「うちじゃ狭くてできないよ」

という声が聞こえてきそうですね。

 

先日の記事 縄跳びによるダイエットに効果的!まずは手順や屋内でやる方法・注意点

にあるように、「繋がっていない縄跳び」も

販売しており、「エア縄跳び」として

縄跳びができますので、家の中が狭くても

気にせずに行うことができます。

 

そして縄跳びは有酸素運動で全身運動

なので、全身の脂肪燃焼効果

期待できます。

 

 

3.短い時間でも効果的

 

短い「期間」という意味ではなく

短い「時間」です。

 

期間はある程度必要ですが

一回で10分ほどで効果が期待できます。

 

最初は10分でもきついはずです。

先日の記事の手順にあるように

休憩を長く摂りながら、慣れてきたら

休憩を短くする等工夫して

行うことができます。

 

 

「縄跳びダイエット」のデメリット

 

メリットだけでなく、

デメリットもあります。

 

ただ、すべての人に当てはまらない

ものもありますね。

 

 

1.騒音の問題

 

「縄跳び」は跳びながら行うので

騒音が出てしまいますね。

 

「踏み台昇降」よりも

騒音が出てしまいます。

 

一軒家ならいいですが、

マンションやアパートだと

下の階の人に迷惑がかかってしまいます。

 

また、家の中で縄跳びをするのに

抵抗がある人もいるかと思います。

 

外で行うという手もありますが、

天候に左右される上、

恥ずかしいという人もいるでしょう。

 

マンションやアパートだと

屋内でやるのは難しいかもしれません。

 

 

2.即効性がない

 

ほとんどのダイエットがそうですが、

「縄跳びダイエット」には

即効性がありません。

 

効果が出るのには個人差がありますが

(この言葉は使いたくありませんが)

どちらにしても、ダイエットは

「継続」しなければ意味がありません。

 

「継続」しなければ「リバウンド」

してしまう可能性が高いです。

 

継続は力なり」。

 

 

3.スポーツブラが必要(女性の場合)

 

縄跳びは上下する運動です。

 

ですので、女性も場合縄跳びで

バストの形が崩れる恐れがあります。

 

ですので「スポーツブラ」を着ける

必要がありますね。

 

その意味では男性よりも

コストがかかるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

どんなことをしても

メリットとデメリットがありますね。

 

今回は「縄跳びダイエット」の

メリットとデメリットを取り上げました。

 

低コストで全身運動ができる一方で、

屋内でできない場合があり

即効性も期待できないという

デメリットもあります。

 

これらを踏まえたうえで

「縄跳びダイエット」をするか否かの

参考にしていただけたら幸いです。

 

桜花


においケアランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村