「踏み台昇降ダイエット」にはメリットとデメリットがある

 

こんにちは、まちゃはるです。

 

先日久しぶりに、ある友人に会いました。

 

彼の今年の目標は「メタボからの卒業」。

 

しかし、私が見る限り卒業した様子もなく

メタボそのものでした。

 

彼曰く「夏場までは痩せていたんだが、

今は外に出たくないので何もしないでいたら

あっという間にリバウンドしてしまった」

そうです。

 

彼はジョギングをしていたらしいのですが

最近は天気も悪く寒いので

やめてしまったとのことでした。

 

このまま行くと留年決定です(笑)。

 

さて、天気に左右されないダイエットに

踏み台昇降ダイエット」があります。

 

先日から再三にわたって

取り上げてきました。

 

今回は「踏み台昇降ダイエット」を

やるうえでのメリットとデメリットを

まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

「踏み台昇降ダイエット」のメリット

 

1.天候に左右されない

 

私の持論は

ダイエットは継続できないと失敗する」。

 

上記の彼のように、天気が悪い、寒い

と言って、ダイエットに

穴をあけてはいけません。

 

意志が強ければいいですが、

例えば今日休んだら、明日も休みたくなり

明後日も面倒くさくなり、

結局は怠け癖に負けてしまいます。

 

ダイエットというのは自分との戦いです。

 

「たとえ負荷が軽くても継続できる」人が

手にすることができる「勝利」。

 

「天候が悪い」などと逃げ道を

作らないようにしてください。

 

 

2.「ながら」でできる

 

テレビを見「ながら」

DVDを見「ながら」

ラジオを聞き「ながら」

音楽を聴き「ながら」

でできる「踏み台昇降ダイエット」。

 

何もせず黙々とやっていたら辛いですが

何かをし「ながら」だと以外に時間が

経つのが早いです。

 

これだと

「継続しやすい」のではないでしょうか。

 

 

3.筋肉がつき基礎代謝もアップ

 

「踏み台昇降」はお尻や太もも、腹筋・背筋

等の筋肉が鍛えられることで

基礎代謝が上がり痩せやすく太りにくい体

になります。

 

 

4.お金がかかるのは最初だけ

 

これは見方によってはデメリットに

なるかもしれませんが、

ジムなどに通うわけではないので

継続するのに費用はかかりません。

 

かかるとすれば「踏み台」と

「上靴」ぐらいでしょうか。

 

「踏み台」は雑誌などで自作すれば

タダ同然ですし(あまりお勧めしませんが)

「上靴」も自宅でやるので

安物で十分です。

 

 

「踏み台昇降ダイエット」のデメリット

 

1.効果が出るのに時間を要する

 

ダイエットのほとんどがそうですが

期待できないのが「即効性」。

 

時に「踏み台昇降ダイエット」は

それが顕著であるのかもしれません。

 

時間はかかるけど気長に頑張れる

という人が成功できる人です。

 

決して楽にはできないのが

「ダイエット」。

 

そのことを踏まえたうえで

ダイエットに励んでほしいものですね。

 

 

2.騒音が出る

 

一軒家ならいいですが、

マンションやアパートだと

下の階に音が響いてしまいます。

 

もしかしたらトラブルになってしまうかも

しれません。

 

マンションやアパートでやるなた

下にマットを敷くなど

対策を講じる必要があります。

 

 

3.負荷の調整が難しい

 

「踏み台昇降ダイエット」に慣れてきたら

踏み台の高さを上げて

負荷を上げたくなります。

 

市販のものだと10、15、20cmの

3段階での調整が可能な踏み台が

販売されていますが、それ以上のものは

ありません。(莫大なお金をかければ

出来なくはないですが)

 

高さ調整ができないものも販売されており

購入する際には注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

今回は「踏み台昇降ダイエット」の

メリットとデメリットを

取り上げていきました。

 

天候に左右されず自分のペースでできる一方

即効性がない、騒音が出る、

負荷の調整が難しいなどの

デメリットもあります。

 

どちらにしても、ダイエットに必要なのは

「継続すること」。

 

「踏み台昇降ダイエット」の

メリットとデメリットを踏まえたうえで

ダイエットとして取り入れるかをの

参考にしていただけたら幸いです。

 


においケアランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村