ダイエットをする目的を間違ってはいけない

 

こんにちは、まちゃはるです。

 

最近はずっと「ダイエット」関連の記事を

作成してきました。

 

 

私がダイエットをする上で

「ダイエットには筋トレが効果的」

「ダイエットは継続しないと意味がない」

等と持論を展開してきました。

 

また「ダイエットは健康的に行ってほしい」

という思いで記事を書いてきました。

 

ここでふと思ったのは

「ダイエットの目的とは何だろう」

とのことでした。

 

「何を今さら!」

と思われた方も多いと思います。

 

しかし、

「ダイエットをする目的をはき違えている」

人が実に多いというのが私が持つ印象です。

 

目的とはき違えるとリバウンドはもちろん、

健康を害することになりかねません。

 

そこで、「ダイエット」とは

何なのかを検証していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ダイエットの目的とは

 

皆さんは「ダイエットをする目的」

(している人もしていない人も含め)

とは何だとお考えでしょうか。

 

① 健康や体型はどうでもいいから

とにかく体重を減らしたい。

 

② 体重はどうでもいいから

とにかくスリムになりたい。

 

③ 健康増進を目的として肥満を防ぐため

適度な食事と運動によって、スリムで

綺麗な体になりたい。

 

どれが一番いい目的でしょうか。

 

③が理想的で、私はこれを

おススメしてきました。

 

②は方法によっては③にもなりうるので

方法さえ間違わなければOKですね。

 

①が一番良くないのは言うまでもありません

 

しかし、「ダイエット=減量」という

目的によってダイエットをしている人が

少なくありません。

 

というか女性はとにかく痩せたがる傾向が

ありますね。

 

それは結構なんですけど、運動をせずに

食事制限だけでダイエットを

していませんか?

 

体重計に乗ってため息をついている人が

多いのがそれを物語っています。

 

では①によってどのような弊害があるのかを

取り上げていきます。

 

 

減量だけに頼ったダイエットによる弊害

 

ダイエットをするためには

食事の内容も考慮する必要があります。

 

暴飲暴食をするのはもちろんご法度です。

 

しかし、

「運動もせずに食事制限のみでダイエット」

をしても体に良くありません。

 

このことによって、体に何が起こるのかを

取り上げていきます。

 

 

1.筋肉が減ってリバウンド

 

「運動もせずに食事制限だけ」で

ダイエットをすると、

筋肉が落ちてしまい、

脂肪が増える恐れがあります。

 

筋肉より脂肪のほうが軽いので

「体重」だけで見ると軽くなって

しまいます。

 

しかし、筋肉が減ることによって

「基礎代謝」が減ってしまいます

 

そうなると、最初のうちは

体重が減るだけですが、

体内のエネルギーが減っていき

体調も崩しかねません。

 

また、

「思ったほど効果が出ないからやめよう」

と思って食べる量を元に戻すと

筋肉が減って基礎代謝が減っているので

元の体型よりも太る恐れがあります。

 

これが「リバウンド」というやつです。

結局はダイエットをしたのに

気付いたら元の体重を超えるのは

このためです。

 

 

2.健康を害する

 

「〇〇抜きダイエット」が横行しています。

先日の記事 糖質はダイエットの敵?糖質の1日の必要量ついて検証します

にあるように、

糖質を抜くとエネルギー源が不足し

筋肉が減るだけでなく、めまいなどを

引き起こす原因にもなります

 

かといって「糖質」をとりすぎると

「肥満」のもとになってぢ舞います。

 

糖質を適正な量」を摂取するように

しなうといけません。

 

つまり、「バランスの劣れた栄養」

をとり、適度な運動でのダイエットに

励んでほしいと思います。

 

 

体重を落としたがる人が多い理由

 

皆さんはボディマス指数(BMI)

を知っている方も多いと思います。

 

これは「肥満度」を表す数値で

 

 

BMI=

体重(kg)÷(身長(m)×身長))

 

で表されます。

 

これが「18.5以上~25.0未満」

が「標準体重」と言われています。

 

これは何絵お表しているかというと、

体重だけで肥満度が計算されている」

という事実です。

 

逆を言うと

「体重を下げれば肥満とは判断されない」

ということが諸悪の根源だと考えます。

 

これだと「ムキムキのマッチョマン」が

肥満になってしまいます。

 

もちろん体重は一つの「指標」

ではありますが、「体脂肪はいくらか」

「ウエストサイズはいくらか」等

総合的にに判断し、

適正なダイエットを行う必要がありますね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

まとめ

 

話は戻りますが、

「ダイエットの目的を見薄なう」

ことがあってはいけません。

 

まして「筋肉を落とすことで減量する」

ことがあってはいけません。

 

きちんと栄養を取り、

適度な運動をしたうえで

ダイエットに励んでいただきたいと

思います。


においケアランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村