ころころ歯ぶらしは口コミ・評判がいい

こんばんは、まちゃはるです。9月になっても暑い日が続いて大変ですよね。「残暑」と言いうやつですが、涼しくなる気配がなく、まだまだ暑い日が続くような感じですよね。ただ、だんだん日が短くなってきていることを見ると、やはり秋が近づいているのを感じます。

さて、先日の記事 ころころ歯ぶらしは形状が変わっているが効果ある?口コミ・評判を検証 にあるように、ころころ歯ぶらしは歯をきれいにすると評判のいい歯ブラシです。実際に使用してみると、ころころ歯ぶらしの良い部分とそうでない部分が見えてくるものです。そこで、改めてころころ歯ぶらしのメリットとデメリットを検証していきたいと思います。

 

ころころ歯ぶらしのメリット

 

・ 歯を磨くときに、歯磨き粉を使わなくても歯磨きができ、歯がツルツルになる。

 

・ 歯の間や奥歯の汚れも簡単に落とせる。

 

・ 歯や歯茎に適度な力が加わることによりマッサージ効果があり、歯や歯の健康状態が良くなることが期待できる。

 

・ マッサージ効果によりほっぺたが柔らかくなり、唾液腺が刺激されて唾液の分泌が促進される。

 

・ 舌の上で転がすと舌苔をとることができ、口臭予防になる。

 

この歯ブラシは「歯を磨く」というよりは「歯の汚れを絡めとる」というイメージでしょうか。歯の上でコロコロを転がすのをイメージするとわかりやすいと思います。

 

ころころ歯ぶらしのデメリット

・ 歯磨き粉を使わず、「磨く」とは違うので、違和感を感じる人もいる。磨けている感じがしなくて、効果があるのか疑問に感じている人もいるようです。

 

・ ころころ歯ぶらしの1本当たりの単価が市販品の歯ブラシよりもかなり高額である。

 

・ 市販されておらず、欲しいときにすぐに手に入らず購入するのに手間がかかる。

 

まとめ

ころころ歯ぶらしは「歯をきれいにする」「歯茎の健康状態を良くする」「ほっぺたをマッサージでき、唾液腺が刺激されて唾液の分泌が促進される」「舌苔が取れる」ことが期待されます。たくさんのメリットがあり、口臭対策にも効果が発揮されることが期待されます。

 

一方で、「歯が磨けているのかわからず、効果があるのか疑問」「市販されておらず簡単に手に入らない」「高額である」というデメリットがあります。

効果があるか疑問で違和感を感じるという件においては、慣れたらその違和感が消えると思います。また、高額である件については、人によって価値観がが違いますが、口臭予防ができるのであれば高額ではないと思います。歯磨き粉もいらないですしね。

これらのメリットとデメリットを踏まえたうえで購入を検討していただけたら幸いです。

 

ころころ歯ぶらしはたくさんのメリットがあり口臭対策ができる ⇒ ころころ歯ぶらしの最安値 ☟