ころころ歯ぶらしと併用している人が多い歯磨き粉

こんばんは、まちゃはるです。9月も中旬が近づき、涼しくなってきましたね。涼しくなって来る頃に夏の暑さによる疲れが出てくるものです。体調管理には気をつけたいものです。

さて、先日までは「ころころ歯ぶらし」を使用し、口臭を「歯ブラシ」で対策をすることについて取り上げていきました。

今回からは、口臭を「歯磨き粉」で対策をするということで、「なたまめ柿渋歯磨き」について様々な角度から取り上げていきます。

 

なたまめ柿渋歯磨きとは

京都やまちやさんが製造している歯磨き粉です。「なたまめ」は口臭対策として用いられているということで、口臭に悩んでいるか否かに関わらずよく耳にするようになりましたよね。

なたまめは江戸時代から栽培されており、昔から「膿取り豆」として使用されてきました。また、お茶としても使用され、血行促進効果や免疫力向上効果あり、肝臓に良いとされてきました。

また、柿渋(カキタンニン)は先日の記事 柿のさち薬用柿渋石鹸は全身の加齢臭対策に効果ある?成分を検証します にあるように、消臭効果が期待できるとして、あらゆる場面で使用されています。

この2つが含まれていることで口臭対策効果が期待できる歯磨き粉と言えます。

同じ京都やまちやさんが製造している「ころころ歯ぶらし」と併用している人が多いです。やはり、歯磨き粉がない歯みがきに不安・違和感を感じている人が多いようです。

 

口臭対策や歯のホワイトニング効果が期待できる歯磨き粉

なたまめ、柿渋(カキタンニン)が含まれているということで消臭効果が期待され口臭予防効果にアプローチしています。それに加えて、サンゴ・貝殻の働きにより歯のホワイトニング効果が期待できる歯磨き粉です。

要するに、ころころ歯ぶらしによって得られる効果や違和感の解消に、歯のホワイトニング効果が加わって一石二鳥であると言えます。

 

類似品に注意

なたまめ入り歯みがき粉は市販でも店頭に並んでいます。これらがいわゆる「類似品」です。

まず「なたまめ柿渋歯磨き」の特徴は「自然派」であることです。合成界面活性剤や合成発泡剤、合成香料、合成着色料等が使用されておらず、泡立ち等は少ないですが体や環境に優しい歯みがき粉といえます。

また、この歯みがき粉は「医薬部外品」です。厚生労働大臣から効果、効能が認められた成分が配合されており、かつ医薬品よりも体に優しく作用が緩やかな特徴があります。

京都やまちやさんの「なたまめ柿渋歯磨き」は以上の特徴かあります。類似品には気をつけてください。

 

まとめ

「なたまめ柿渋歯磨き」は口臭対策に加えてホワイトニング効果が期待できる歯磨き粉です。それに加えて体や環境に優しい歯みがき粉です。公式ホームページによると、ころころ歯ぶらしと併用している人が7割に達するそうです。

このことから見ても、口臭対策に適した歯みがき粉と言えるのではないでしょうか。モニターの86%の人がもう一度使用したいと考えていることにも現れていると思います。

 

なたまめ柿渋歯磨きは口臭対策に加えてホワイトニング効果が期待できる歯磨き粉である  ⇒  なたまめ柿渋歯磨きの最安値 ☟

 


においケアランキング