なたまめ柿渋歯磨きは口腔ケアに最適

こんばんは、まちゃはるです。仕事をしていると口臭がきつい人に会うことがありますよね。今日の仕事での出先でそういう人に会い、自分は大丈夫かなと不安になってしまいました。

さて、先日の記事 ころころ歯ぶらしを最安値で買える販売店は?公式、Amazon、楽天… 等にあるように、ころころ歯ぶらしという口臭予防効果グッズを紹介しました。

今回からは同じ京都やまちやさんが製造している「なたまめ柿渋歯磨き」を紹介していきます。ころころ歯ぶらしは歯磨き粉は必要ありませんが、ころころ歯ぶらしでは泡立ちがないためどうしても不安な人、歯のホワイトニングをしたいと考えている人に適した歯磨き粉がこのなたまめ柿渋歯磨きで、口腔ケアに最適な歯磨き粉と言われています。

なぜなたまめ柿渋歯磨きが口腔ケアに最適なのか、実際にどんな成分が入っているのかを紹介しながら検証していきたいと思います。

 

なたまめ柿渋歯磨きの主な成分

柿渋エキス(カキタンニン)

京都産の「天王柿」という上質な柿から抽出された柿渋エキスです。先日の記事 のさちディープクリアシャンプーで加齢臭が落ちる?成分を検証します 柿のさち薬用柿渋石鹸は全身の加齢臭対策に効果ある?成分を検証します クリアネオはなぜわきが・すそわきがに効果があるの?成分を検証します アニセ薬用石鹸はどんな効果があるの?含まれている成分を検証します にあるように、柿渋エキスは消臭・抗菌効果があり、体臭や加齢臭対策等の様々な用途で使用されています。タンニンは消臭効果があるとされていますが、カキタンニンは茶カテキンの25倍の効果があると言われています。

 

サンゴ(コーラル)・貝殻

天然成分由来で、黄ばんだ歯を白くする効果や、口臭、歯周炎、歯槽膿漏にも効果が期待できます。

サンゴは光合成をきており、海の環境に大きな影響を与えています。

また、古来からパワーストーンとして使用されてきた貴重な物質です。

 

なたまめ(刀豆)

昔から「膿取り豆」と呼ばれてきた、大人の腕と同じぐらい大きくなる豆です。主にデトックス効果があるとされ、歯槽膿漏を改善し、口臭予防効果が期待できるので様々な歯磨き粉に含まれています。

また、なたまめには良質なアミノ酸、食物繊維、ポリフェノール、鉄分などが非常に豊富に含まれ、蓄膿症やアレルギー、関節痛やむくみ、ダイエット効果が期待でき、最近では健康食品などでも利用されることが増え注目されています。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

草の根や茎から抽出生成された成分です。強い抗炎症作用があり、弱った歯茎をスッキリさせる効果が期待できます。

また、解毒、抗アレルギー作用が期待され、化粧品や育毛剤等にも使用されています。

 

赤穂の天然塩

海水を天日で干して製造される塩で、塩化ナトリウムの他に、塩化マグネシウムやカリウム、カルシウム等のミネラルが豊富に含まれています。

歯茎を引き締めることで出血を抑え、歯槽膿漏予防効果が期待されます。また、細菌が繁殖するのを抑えることで虫歯予防効果も期待できます。

他にも肩こりや花粉症、頭痛、神経痛、皮膚炎等にも効果があるとされています。

 

まとめ

この歯磨き粉一つで「歯のホワイトニング効果」「口臭予防効果」「歯槽膿漏の予防効果」が期待されます。特になたまめ、柿渋エキスなど、口臭予防効果が期待できると注目されているものが含まれています。要するに、口腔ケアに適した歯磨き粉といえます。

また、合成界面活性剤が含まれておらず、自然派成分で構成されているので、泡立ちは少ないですが、口の中がスッキリします。初めて使う人には違和感を感じるかもしれません。

口臭予防と同時に歯のホワイトニングをしたいと考えている人はせひ使用を検討していただきたいと思います。

 

なたまめ柿渋歯磨きは口腔ケアに適した成分が多く含まれている ⇒ なたまめ柿渋歯磨きの最安値 ☟


においケアランキング