加齢臭と精力減退の関係

精力減退

こんばんは、まちゃはるです。みなさんは夏バテをしていませんか?私は夏バテ知らずで元気いっぱいです(笑)。これからしばらく暑い日が続きますがなんとか乗り切っていきましょう。

元気と言えば、先日の記事  「加齢臭」の原因と対策 ~ 加齢臭を抑える食べ物 の中で、年齢を重ねるとともに加齢臭が発生しやすくなると書きました。また、年齢を重ねるとともに精力減退が起こることがあります。

皆さんは加齢臭と精力減退は関係があると思いますか?

結論から言いますと、加齢臭と精力減退には関係があります。意外なところでつながっているんですね。そこで、加齢臭と清涼減退はどんな関係があるのか、また、その改善策を考えていきたいと思います。

 

加齢臭と精力減退はどんな関係があるのか

先日の記事 「加齢臭」の原因と対策 ~ 加齢臭を抑える食べ物 や、 「加齢臭」の原因と対策 ~ ストレスの発散 や、 「加齢臭」の原因と対策 ~ 紫外線対策 の中で飲酒や喫煙、ストレス、紫外線が活性酸素を発生させるの原因になることがわかっています。この活性酸素が発生することで過酸化脂質が作られ、加齢臭が発生します。

この活性酸素は加齢臭だけでなく、体内であらゆる悪さをします。その中でも神経や血管を傷めてしまうのもその一つです。人間の体には無数の神経や毛細血管がありますので、これらが傷められることによってED(勃起不全)を起こします。

つまり、加齢臭の原因も精力減退の原因も体内の活性酸素が関わっているということです。加齢臭がするから精力減退が起こるのか、精力減退が起こるから加齢臭が発生するか、鶏が先か卵が先かの話と同じでどちらが先かはわかりません。しかし、加齢臭と精力減退の原因が同じである以上密接な関係があると言わざるを得ません。

 

改善策

この状況を改善するには活性酸素を減らす必要があります。上記の記事の中にあるように、

 

・飲酒や喫煙を控える

・和食や抗酸化作用があるもの、野菜を多く食べる

・適切な睡眠時間や規則正しい生活、入浴、趣味等でストレスを発散する

・服装、日陰の利用、日焼け止め等で紫外線対策をする

 

これらの対策を講じることで活性酸素の発生を抑えることができます。

まとめ

要するに、加齢臭も精力減退も活性酸素が原因になっています。これらは加齢も原因の一つですが、生活習慣によって改善することも悪化することもあります。

ただ、上記の改善策を全部やろうとすると、それがストレスになってしまいます。また、私の経験上、食べることや飲酒によってストレスが発散されることがあります。

そのあたりは自分でバランスをとり、できることから始めて加齢臭や精力減退を改善してほしいと思います。