【加齢臭はオジサンの証】

食べ過ぎ、飲みすぎは加齢臭の素

はじめまして、「まちゃはる」と言います。年齢的には「オジサン」ですが、オジサンと言われないように

気を遣っています。

個人差はありますが、中年に差し掛かったころに、若い頃になかった「加齢臭」を発するようになります。

加齢臭を発していると、例えルックスが良く若々しくても「オジサン」のレッテルを貼られてしまいます。これはもったいないですよね。

誰もが何らかの形で加齢臭を発するする人に遭遇していることと思いますが、誰もが発したくて発しているわけではありません。

オジサンと呼ばれる要因の一つである加齢臭の原因を突き止め、それを対策することによって「オジサン」から脱却しませんか。

今回は「食生活の改善」による加齢臭の対策について書いていきたいと思います。

 

【加齢臭とは】

そもそも、加齢臭とは何でしょう?誰もが嗅いだことがあるはずですが、はっきりと説明できない人が多いと思います、「オジサンが発するにおい」と言えるくらいでしょうか。

加齢臭はノネナールというあまり聞いたことのない物質が原因です。ノネナールとは皮脂中の脂肪酸と過酸化脂質が結合することによって作られます。若い頃にはほとんど出ませんが、40歳ごろから急激に増える傾向にあります。

 

逆に言うと、このノネナールが作られない、つまり脂肪酸と過酸化脂質が出ないようにすれば、加齢臭もしなくなります。

 

【食生活の改善】

「脂っこいもの」を好んで食べていると血中のコレステロールが多くなり「脂肪酸」が出やすくなります。具体的には肉類や卵、チーズ、フライドポテトなどがあげられます。ジャンクフードが多くなった現代人の宿命ともいえるのではないでしょうか。

また、飲酒や喫煙等は体内に「活性酸素」を作り出し、その活性酸素が脂質と結合しやすく「過酸化脂質」が発生します。まさに「過酸化脂質」の文字通りですね。

 

要するに、これらのことを控えれば加齢臭の発生を抑えることが出来ます。

日本古来から食べられていた「和食」はまさに理にかなった食事です。現代では食事の欧米化が進み肉食が増えていますが、これを魚食に変えるだけでも脂肪酸を抑えることができます。

 

また、抗酸化作用を促することで、活性酸素を抑えることで出来ます。

直接の原因である飲酒と喫煙を控えるのはもちろん、ニンジンやトマト、茄子、しょうが、きゅうり、レンコン、アボカドなどの野菜に多く含まれるビタミンやクエン酸、ポリフェノール等を摂ることで抗酸化作用が期待できます。

 

【まとめ】

今回は食生活から加齢臭の原因と対策について考えてきました。要するに、日本古来から食べられていた和食と野菜を多く摂ることで加齢臭の原因を抑制することができます。

しかし、欧米化した食事、飲み会、野菜不足によって加齢臭を促進してしまいます。

 

ただ、これらの対策を全て実行するのは困難です。

まずは加齢臭の原因を知った上で食事内容を意識するだけでも変わると考えられます。そしてできることから対策を講じることが大切であると考えています。