自分の加齢臭には気付きにくい

こんばんは、まちゃはるです。自分が他人からどう思われているか気になりますよね。その中で、自分が加齢臭を発していないか、また、他人から「加齢臭がする」と思われていないか気になるものです。

ただ、家族や恋人等よほど親しい間柄であればともかく、そうでなければ、「君、加齢臭がするよ」なんて言えないものです。ですので基本的には自らの力で加齢臭があるかをチェックする必要があります

 

しかし、自分が発しているにおいは自分ではわからないものです。そこで、まずは体の中で加齢臭を発する場所を知り、それらから加齢臭を発していないかを把握する必要があります。

 

加齢臭を発する主な箇所

人間は良くも悪くも、とにかく何にでも慣れてしまう性質を持っています。ですので自分が普段から発しているにおいにも慣れてしまうため気付かないのです。よその家に行ったら独特のにおいがしますが、本人たちはわからないですよね。あれと同じです。

まずは、自分の加齢臭をチェックする前に、どこから加齢臭を発しているかをあげていき、そこから発するにおいを把握する方法をあげていきます。

 

加齢臭は、身体のいろいろな場所から発生します。
体の上から見て、頭皮に始まり、額や鼻、耳の後ろ、首、背中、脇の下等上半身が発生源になります。特に頭皮、耳の後ろ・脇の下からは強いにおいを発しやすいです。

やはり、汗をかきやすい場所、脂っこくなりやすい場所が加齢臭の発生源になりやすいです。

 

自分の加齢臭をチェックする方法

加齢臭が発生しやすい場所がわかったら、次はそこからにおいを発していないかをどの方法でチェックできるかをあげていきます。

 

ティッシュで拭いてにおいを嗅ぐ

加齢臭が発生しやすい場所をティッシュでふき取って、そのにおいを嗅ぎます。まずは加齢臭がするのか否かを判別します。もし加齢臭がするならば、どの部分から発生しているのかを把握します。

要するに、自分はどこから加齢臭を発しているかを部分別に把握することが重要です。

 

1日着ていた吹くのにおいを嗅ぐ

1日着ていた服のにおいを嗅ぎ、加齢臭がするかをチェックする方法もあります。ティッシュでは背中を拭きにくいので有効です。また、脇の下や首からのにおいも把握することができます。

 

自分の枕のにおいを嗅ぐ

人は寝ている間にも汗をかきますので、一晩寝た後の枕には頭皮や耳の裏のにおいがつきます。この枕のにおいを嗅ぐことで頭皮や耳の裏から加齢臭が発生していないかを把握することができます。

 

まとめ

自分では加齢臭があるかわかりにくいし、他人も指摘しにくいです。そこで、ティッシュを使ったり、服や枕のにおいを嗅ぐことにより自分で加齢臭をチェックすることができます。また、どこから加齢臭がするかを把握することが重要です。

もし加齢臭がしたらショックですよね。しかし、現実を知ったうえで対策を講じることにより加齢臭を抑制することができると思います。