加齢臭は紫外線も原因

どうも、まちゃはるです。暑い日が続いていてオジサンには応えますね。あっ!!オジサンではありませんよ(笑)この時期は太陽がジリジリと照り付けるので紫外線が気になりますよね。

 

先日から加齢臭の原因と対策について取り上げてきました。実はこの紫外線も加齢臭の原因になってしまうのです。これは驚きですよね。

紫外線は浴びすぎると、シワやシミ、最悪の場合ガンの原因にもなり有害であるということは結構前から言われていますが、私が子供のころには「日焼けは健康の証」という扱いをされたものです。

それはともかく、加齢臭対策にはこの紫外線対策を講じる必要がありますね。

 

なぜ紫外線が加齢臭の原因になるのか

先日の記事で、「加齢臭ノネナールという物質が原因で、ノネナールは脂肪酸過酸化脂質が結合することで作られる」と書きましたね。

 

「加齢臭」の原因と対策 ~ 加齢臭を抑える食べ物

 

その過酸化脂質は体内で活性酸素と脂質が結合することによって作られます。紫外線は体の内部にまで届き、活性酸素を作り出します。この仕組みが加齢臭の原因になります。

 

ただ、紫外線を浴びることでビタミンDを生成するという良いこともあるため、スズメバチを駆除する人みたいな服装までして紫外線対策をする必要はないという人もいます。適度な対策をすることで加齢臭を抑えたいものです。

 

紫外線の対策

服装・眼鏡

紫外線対策ということだけを考えるなら、黒い帽子に黒い長そでの服を着るのが一番です。ただ、夏場は暑いので熱中症になる恐れがあるためあまりお勧めできません。夏場は色にこだわらずUVカット加工が施されている服を選んでください。

また、サングラスをかけることによって、眼からの紫外線の侵入を抑えることができます。

 

日陰の利用

当たり前ですが、日向より日陰のほうが紫外線が弱いです。移動中や外での休憩等ではなるべく日陰を利用するようにしてください。

 

日焼け止めの使用

紫外線は肌から体内にまで届き活性酸素を作ります。活性酸素は体内で脂質と結合し過酸化脂質を作りますので、これを防ぐためにも日焼け止めを塗って紫外線から肌を守る必要があります。

 

食事による対策

上記の記事の中にもあるように、野菜なを食べることで抗酸化作用を促すビタミンやクエン酸、ポリフェノールを摂ることができ、活性酸素を抑えることができます。

体の中からも加齢臭対策を講じるようにしてください。

 

まとめ

紫外線を浴びることによって加齢臭が発生しやすくなります、ただ、ビタミンDが作られることもあり過度に紫外線を予防する必要はないという人もいます。

私としては、紫外線は皮膚にも悪くガンの恐れがあることから、紫外線を予防したほうがいいと感じています。

加齢臭を抑制するためにも紫外線対策には気を遣ってほしいものです。