知らず知らず周囲を悩ませている

こんばんは、まちゃはるです。夏休みも終盤になり、宿題や自由研究などでお尻に火がついている子供たちがいますね。。「お父さん手伝って」と言われている人もいるでしょう。

さて、先日までは、体臭について取り上げてきました。次に行こうかと思いましたが、少し趣向を変えた話題を取り上げていきたいと思います。

 

「〇〇ハラスメント(〇〇ハラ)」という言葉があります。セクハラ、パワハラ、モラハラ、アルハラ・・・といろいろありますが、全部で32種類あるそうです。これには驚きました。昔から言われているものから最近取り上げられているものまで大変幅が広いです。

その中でも今回は「スメルハラスメント」について紹介していきたいと思います。

 

スメルハラスメント(スメハラ)とは

スメル=におい、ハラスメント=嫌がらせという意味で、においによって周りの人を不快感を与えることを言います。恥ずかしながら、私は体臭や口臭、整髪料ぐらいがスメハラの原因だと思っていました。

しかし、これらに加えて強すぎる香水の香りや柔軟剤の香りまでもがスメハラになり得ます。香水はともかく、柔軟剤の香りまでスメハラの原因になるなんて驚いてしまいました。柔軟剤なんていい匂いだと思い込んでいたので気を付けなければとならないと思いました。

スメハラの怖いところは、「本人に自覚がない」ということです。セクハラやパワハラは指摘されたら自分でも何となく自覚する部分がありますが、スメハラは自覚がないことが多いです。

すなわち、自分が発しているにおいって自分ではわからないですよね。周りの人も「君くさいよ!」なんてなかなか言えないものです。本人に悪気がないのに突然「スメハラだ!」なんて言われたらダブルでショックですよね。この事態は何としても起こしたくないですよね。そこで、スメハラのセルフチェック方法を紹介したいと思います。

 

自分で行うにおいチェック

口臭

自分の口臭は嗅ぎ慣れているので自分ではわかりません、そこで、マスクやビニール袋の中に息をはいてて下さい。ハーッと息をはき、少しでもにおいを感じたら注意が必要です。対策としては口の中を清潔に保つ、キシリトールガムなどで唾液を多く分泌させて雑菌を洗い流すことで臭いも減少させる効果があります。

また、便秘やストレスが口臭の原因になりますので生活習慣などの改善に努める必要があります。

 

体臭

1日中着用した服や靴下のにおいを嗅ぐのが一番わかりやすいと思います。また、先日の記事 自分の「加齢臭」をチェックする方法~加齢臭の発生源を把握する にあるように、加齢臭を発しやすい場所をティッシュで拭いてにおいを嗅いだり枕のにおいをチェックするのも有効です。

 

整髪料・香水など

整髪料、香水なども自分ではわからないものです。使いすぎに注意して適量を心がけるようにしてください。ただ、口臭や体臭と違ってデリケートな問題ではないので、家族や友人、知人に訊ねてみるのもいいかもしれません。

 

まとめ

スメハラとはにおいが原因であり、デリケートな部分が多いため、なかなか指摘されず自分でも気づかないものです。周りの方に迷惑をかけないようにチェック、対策をしてほしいと思います。

私はこれまで「体臭」について取り上げてきました。加齢臭、わきが、足のにおいなどについて考察してきました。しかし、最も気になるにおいは口臭です。渡足もそうですが、体臭は許せても口臭は許せないという人が多いです。

皆さんの周りでも口臭が気になる人がいるのではないでしょうか。もしかしたら、自分自身の口臭がスメルハラスメントの原因になっているのかもしれません。今後は皆が最も気になっている口臭について取り上げていきたいと思います。