スマホ依存症の人は口臭発生の危険性がある

こんばんは、まちゃはるです。暑いと思ったら急に寒くなったりと体調を崩しそうですね。皆さんは大丈夫でしょうか?

ところで皆さんは「スマホ型口臭」って聞いたことがありますか?私は最近知りました。スマホに没頭し過ぎると健康に良くないということはどこかで聞いたことがありますが、その中に口臭も含まれているようです。20代~30代の若者を中心に「スマホ依存症」の人が増えていますが、同時に口臭がする若者も増えています。

なぜスマホ依存症の人は口臭が発生しやすいのかを見ていきたいと思います。

 

スマホを使用している時の姿勢と精神状態

スマホではいろんなことができますよね。インターネットを見たりブログを書いたりショッピングしたりゲームをしたりと様々です。便利になった一方で健康にも良くないようです。皆さんもスマホを使用している状態を想像してみてください。どんな姿勢になっているでしょうか?

 

・ 前かがみになり猫背になっている

・ 下を向きうつむいている

 

こんな感じでしょうか。また、精神状態はどうなっているのでしょうか?

 

・ スマホの画面に集中している。ゲーム等をしている時は特に顕著である

・ 目的のものが見つからなかったり、ゲームが上手くいかない等場面によってはイライラしており緊張した状態になっている。

 

ゲームでの緊張感は、クリアしたときに喜び・快感に変わる場合がありますが、基本的には集中して緊張状態であることが多いと思います。

 これらの姿勢・精神状態が口臭を発生させる原因になっています。

 

なぜ口臭が発生する状態になるのか

 下を向いてうつむいている状態が続き唾液腺の刺激が少なくなることで、唾液の分泌が少なくなります。先日の記事 口臭とその原因について!スメルハラスメントの原因にならないために! にあるように、口の中の唾液が少なくなると抗菌作用が弱くなり細菌が繁殖してしまいます。これが口臭の原因になります。

また、精神的に緊張した状態が続くとドライマウス(口の中が渇くこと)になります。これも先日の記事 口臭とその原因について!スメルハラスメントの原因にならないために! にあるように、どりマウスになることによって口の中の唾液が少なくなり口臭の原因になります。

つまり、姿勢の悪さや緊張した状態が続くと唾液の分泌を抑えてしまい口臭の原因になってしまいます。 

 

スマホ依存症の人の口臭予防法

 一言で言うと、唾液の分泌を促進することによって口臭を予防することが必要です。その方法として次の方法が考えられます。

 

・ 長時間のスマホの使用を避ける

・ こまめに水分補給をする

・ アメやガム等で唾液の分泌の促進を図る

・ なるべく姿勢のいい格好でスマホを使用する

 

これによってある程度唾液の枯渇による口臭を防止することができます。 

 

まとめ

「スマホ依存症」の人は姿勢が悪く精神的に緊張しているので、唾液が少なく口臭を発生させてしまいます。また、その他健康状態にも悪影響を及ぼしてしまいます。唾液の分泌を促進するのが口臭の防止につながりますが、やはり健康状態を考えても「スマホ依存症」から脱却するのが一番だと思います。皆さんもスマホはほどほどにしてほしいと思います。