ワキガのにおいはある程度和らげることができる

こんばんは、まちゃはるです。この歳になると早起きになり、世界陸上を見てしまいます。私も「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」と言えるぐらい元気でいたいものです。でも時期が時期だけに周りから「暑苦しい」って言われますかね(笑)

さて、暑苦しいと言えば、この時期はとても暑いですよね。そうなると汗だくになるので体臭が気になりますよね。加齢臭とならんでワキガの人も気にしているのではないでしょうか。

ただ、程度にもよると思いますが、ワキガのにおいは対策次第で和らげることができると思います。今回はなぜにおいを和らげることができるのか、また、その対策法を紹介していきたいと思います。

 

なぜワキガのにおいを和らげることができるのか

まずはワキガのにおいがする原因を確認しましょう。先日の記事 ワキガ(腋臭)とは?~ワキガは全年代でにおいを発する にあるように、ワキガの原因はアポクリン線という汗腺から出る汗を栄養分とする雑菌の働きによってにおいを発するんでしたね。

要するに、この一連の流れを起こさせないように対策を行うことで、ワキガのにおいを和らげることができるということです。そしてこれは日常生活の中でもできる対策があります。

 

ワキガのにおい対策

いくらワキガのにおいが強い人でも、対策を講じることである程度においを和らげることができます。

1.ワキ汗をこまめにふき取る

ウェットティッシュなどでワキ汗をこまめにふき取り清潔な状態を維持することでにおいを和らげることができます。ワキ汗が雑菌の働きによってにおいを発する前にふき取ることが重要です。

 

2.ワキ汗パッドをつける

仕事柄こまめにワキ汗を拭きとれない人、特に外での仕事が多い人は、ワキ汗パッドをつけることによってシャツに汗がつかないようにすることができます。

手をあげたらワキ汗が染みているとそれだけでイメージは良くないですよね。使い捨てのワキ汗パッドを使うことで、臭う前に交換することができるのでにおい対策には最適です。

ワキ汗が多い人は、ワキ汗のふき取りとワキ汗パッドとを併用するとより効果的です。

 

3.ワキ下を殺菌、消毒する

汗を拭き取っても、汗が止まるわけではありません。汗拭きシートなどを使いワキ下の殺菌・消毒をすることでにおいの発生を抑えることができます。

 

4.入浴時に優しく洗う

入浴時にきれいに洗うのは基本ですが、ゴシゴシと力を入れて洗ってしまいがちです。しかし、そうすることで皮脂の分泌を促してしまい、かえってにおいの原因になってしまいます。

ナイロンタオルなどでこすらず、泡でなでるように洗うことで適度に皮脂を落とすことができます。

 

5.ワキ毛の処理

ワキ毛は汗を滞留させるとともに、雑菌の繁殖を助長してしまいます。ただ、こまめに剃りすぎると皮脂を分泌しやすくなりかえってにおいが発生するおそれがありますので適度に処理を行ってください。

 

6.生活習慣の改善

先日の記事 ワキガの原因〜ワキガは遺伝の他に生活習慣でもきつくなる にあるように、食生活、ストレス、肥満でもワキガのにおいを強くしてしまいます。脂っこいものを控え、ストレス発散をしてください。

 

まとめ

ワキガは体質的なものですが、対策を講じることによってある程度は和らげることができます。これらの対策を実行して悩みが減ったら幸いです。ワキガで悩んでいる人はぜひ試していただきたいと思います。