うる藍バリアの特徴や正しい飲み方を理解し最大限に効果を発揮する

 

こんばんは、まちゃはるです。

 

仕事柄朝早く起きるのですが、

朝起きると口の中が乾いている

ことが多いですよね。

 

家族が起きる前には

口の中を潤すようにしています。

 

口の中を潤す働きがあるうる藍バリア

 

これによって口臭予防になります。

 

ただ、正しい飲み方を理解しないと最大限に

口臭予防効果が発揮できないうる藍バリア。

 

そこで、うる藍バリアの特徴を

再度紹介したうえで、いつ、どのように

飲んだらいいのかを

検証していきたいと思います。

 

 

うる藍バリアを飲む前に理解しておきたいこと

 

うる藍バリアの飲み方を紹介する前に、

先日の記事 うる藍バリアとは?口臭対策効果を口だけでなく体内からもを発揮する食品 

で紹介した「うる藍バリアの特徴」などを

理解することによって、正しい飲み方に

行きつくのではないかと思います。

 

・ 口の中でシュワシュワし、レモン味がする

 

口の中に入れると、

シュワシュワッとした感じと同時にレモンの

酸っぱい味がうる藍バリア。

 

レモンの酸っぱさが苦手な人には

苦痛かもしれませんが、これらの刺激によって

唾液の分泌が促進され、

口の中に潤いを与えてくれます。

 

 

・ 検粉末タイプであるが、水なしで飲める

 

うる藍バリアは粉末タイプで、

水と一緒に飲みたくなりますが、

上記の通り唾液の分泌を促進します。

 

唾液は口の中に潤いを与えるのと同時に殺菌、

抗菌作用をもたらせてくれます。

 

 

・ 口の中が乾燥すると口臭が発生しやすい

 

口の中の唾液が少なくなると殺菌、抗菌作用

が弱まり口臭が発生しやすくなります。

そのため、常に口の中を

潤しておく必要があります。

 

 

うる藍バリアの飲み方

 

1.うる藍バリアを飲むタイミング

 

メーカーによると、うる藍バリアを飲む

タイミングはいつでもいいそうです。

 

ただ、飲むと唾液が分泌される藍バリア。

このことを踏まえる

と唾液が少なくなるタイミングで

飲むのが一番いいと思います。

 

 

・ 唾液が少なくなるタイミング・状態

 

① 起床時

② 食事と食事の間(食事のあと時間が経過したとき)

③ 緊張したとき

 

このタイミングや状況に口の中が

乾きやすくなりますよね。

 

これらを踏まえたうえで、

自分の状態を見てうる藍バリアを飲むのが

効果的であると考えられます。

 

また、これらのタイミングとは別に、

会議前とか、デートの前など

エチケットとして飲むのもありだと思います。

 

逆に、食後や歯磨き後は唾液が

分泌されやすいので、

このタイミングで飲むのは

もったいないと思います。

 

また、うる藍バリアを飲んだ直後の歯磨きも

もったいないので避けた方が無難です。

 

 

2.うる藍バリアの飲み方

 

うる藍バリアを飲むときに水は必要ありません

 

口の中に含んだ瞬間から

シュワシュワ感とレモン味で

唾液が分泌される、うる藍バリア。

 

その唾液を水の代わりにして飲みます。

 

水で流し込むと、腸内環境の改善効果には

影響はないかもしれませんが、

唾液の分泌作用が薄れてしまいます。

 

水なしで飲めるので、いつでもどこでも持ち運んで飲むことができます。

 

 

3.うる藍バリアを飲む回数

 

メーカーは1~3回程度

飲むことを推奨しています。

 

これだと幅がありますよね。

口臭が特に気になる場合や

飲み始めたばかりのときは

3回飲んでもいいかと思います。

 

だんだん効果が実感できたら

回数を減らしたらいいと思います。

 

また、口の中が乾く等状況を見た上で

うる藍バリアを飲んだらいいと思います。

 

 

まとめ

 

うる藍バリアは、

「口の中が乾いたら飲む」

「エチケットとして飲む」

「状況をみて回数をきまる」

ということを考えて飲んだら

効果的に口臭対策ができると思います。

 

これらを踏まえたうえで

口臭対策サプリメントとして

使用を検討していただきたいと思います。

 

うる藍バリアは口内の乾燥、エチケットなどを踏まえて飲むタイミング、回数を決めたほうがいい ⇒ うる藍バリアの最安値 ☟


においケアランキング