舌苔を正しく除去する必要がある

こんばんは、まちゃはるです。

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、

本当に暑さが収まってきましたね。

早くちょうどいい気候になってほしいものです。

 

さて、今回は「潤いベロのクリーナー」の

正しい使い方について紹介していきます。

 

何でもそうですが、いくらいいものであっても

正しい使い方をしなければ

期待された効果を発揮することがでいません。

 

私はなるべく取扱説明書を見るようにしていますが、

そうではない人も多いと思いますので、

ここで正しい使い方を紹介していきたいと思います。

 

潤いベロのクリーナーの正しい使い方

潤いベロのクリーナーを使って舌を洗浄する手順を紹介します。

 

1.普段通りに歯磨きを行い口の中をゆすぎます。

これで歯に挟まっている食べカスや歯垢を取り除いておきます。

 

2.舌を目一杯出して、舌の表面に「潤いベロジェル」を2~3滴ほど垂らします。

この時にジェルが舌に行き渡らせやすいように垂らしておくのがコツです。

 

3.舌を上あごを使ってジェルを舌に擦り込むように塗って5~10秒待ちます。

この過程で舌にこびりついている舌苔を浮かせることができます。

 

4.舌苔を浮かせた後にチタンクリーナーを舌の上を滑らせて、舌の汚れをジェルと一緒に削ぎ落とします。

これで舌苔を含めた舌の汚れを除去することができます。

 

5.舌苔を削ぎ落とした後は、口の中を水でゆすぎます。

これで舌の洗浄は完了です。

 

6.潤いベロのクリーナーをきれいに洗浄しておく。

これは言うまでもないと思いますが、口の中に入れるものなので、

衛生の上でも良好な状態を維持してください

 

 

以上が潤いベロのクリーナーを使用する手順です。

正しい手順を踏んで、潤いベロのクリーナーが持つ効果を

十分に発揮させてほしいと思います。

 

 

歯ブラシで舌苔を除去しようとしたらどうなるか

 

市販の歯ブラシで舌苔を取ろうとすると、

舌を傷つけて出血する恐れがあります。

その出血がまた口臭の原因にもなってしまいます。

 

また、歯ブラシは消耗が早いため、

歯みがき以外に使用すると更に消耗を早めてしまいます。

 

その点、チタン製であるため消耗が少なく安定した効果が期待できる潤いベロのクリーナー

 

また、歯ブラシで舌を洗浄しようとするとえずく人もいると思います

。歯ブラシで歯を磨いている時でもえずく人がいますよね。

そのような人は歯ブラシで舌を触ると余計にえずきやすいです。

 

これらの点から見ても、市販の歯ブラシでの舌苔除去はオススメできません。

 

まとめ

 

チタン製であり舌に接触する部分を

衛生的に維持することができる「潤いベロのクリーナー

 

また、セットのを使うことで舌苔を浮かせることがで

舌苔を除去しやすくする潤いベロジェル」。

 

これらを正しく使用することで舌苔除去効果を

十分に発揮することが期待できますので、

口臭対策の一つとして考えていただけたら幸いです。

 

潤いベロのクリーナーを正しく使用することで最大現に効果を発揮する ⇒ 潤いベロのクリーナーの最安値 ☟


においケアランキング