加齢によってミドル脂臭→加齢臭へ

 

 

こんにちは、まちゃはるです。

 

精神的には18歳ですが。

年齢的には間違いなく「オジサン」で

体は確実に老化しています(笑)。

 

スポンサーリンク

 

しかし、オジサンと言われないように

普段から気を遣っています。

 

さて、その老化現象の一つとして

「体臭」があります。

 

私はたぶん大丈夫な気がしますが

ミドル脂臭」を発する年代に

差し掛かっています。

 

ミドル脂臭は個人差はあるでしょうが

中年に差し掛かったころに

発するようになります。

 

さらに年齢を重ねていくと今度は

加齢臭」を発するようになります。

 

他にも「足臭い」とか「足のにおい」

等がありますが、ここでは「加齢臭」

について取り上げていきます。

 

 

【加齢臭】はオジサンの証

 

例えイケメンで若々しくても

加齢臭を発していたら台無しです。

 

「オジサン」ヘタしたら「おじいさん」

のレッテルを貼られかねません。

 

イケメンでない私に言わせると

これはもったいなさすぎです。

 

さて、誰もが何らかの形で

加齢臭を発っしている人に遭遇している

ことと思います。

 

しかし、本人はなかなか

気付かないものです。

 

また、誰もが発したくて発している

わけではありません。

 

オジサンと呼ばれる要因の一つである

加齢臭。

 

その原因を突き止めることは

加齢臭対策の第一歩。

 

ということで【加齢臭】とは何なのか

について取り上げていきます。

 

 

【加齢臭】とは

 

そもそも、加齢臭とは何でしょうか?

 

誰もが嗅いだことがあるはずですが、

はっきり説明できない人が多いと思います。

 

「オジサンが発するにおい」

言えるくらいでしょうか。

 

独特のにおいと言えるような

加齢臭はみんな同じようなにおいのような

何とも言えないにおいです。

 

とてもいいにおい

とは言えないですね。

 

結論を言うと、加齢臭は

「ノネナール」

というあまり聞いたことのない物質が

原因です。

 

ノネナールとは皮脂中の

脂肪酸と過酸化脂質が結合する

ことによって作られます

 

加齢臭は若い頃にはほとんど出ませんが

40歳を過ぎた頃から急激に増える

傾向にあります。

 

逆に言うと、

ノネナールが作られない、

脂肪酸と過酸化脂質が出ない

ようにすれば、加齢臭もしなくなります。

 

そのための対策の一つとして

食生活の改善があげられます。

 

「ドキッ!」としたあなた。

ぜひ食生活の改善に

努めていただきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

食生活の改善で加齢臭対策

 

 

加齢臭の原因1.脂っこいものを食べる

 

「脂っこいもの」を好んで食べている

そこのあなた。(私も・・・)。

 

普段から脂っこいものを食べていると

血中のコレステロール

が高くなります。

 

これは肥満の素にもなりますね。

 

ちなみに私は脂っこいものが好きな割には

血中コレステロール値は標準です。

(今はまだ・・・)

 

それはともかく、これが原因で「脂肪酸」が

出やすくなります。

 

具体的には肉類や卵、チーズ、

フライドポテト等があげられます。

 

ジャンクフードが多くなった現代人の宿命

ともいえるのではないでしょうか。

 

 

加齢臭の原因2.飲酒や喫煙

 

また、飲酒や喫煙等は体内に

活性酸素」を作り出します。

 

活性酸素は諸悪の根源。

体内のあらゆる物質を

酸化させてしまいます。

 

その活性酸素は脂質と結合し、

過酸化脂質が作られてしまいます。

 

 

この加齢臭の原因1と原因2によって

脂肪酸と過酸化脂質が発生しやすく

加齢臭の原因である「ノネナール」が

作られる恐れがあります。

 

 

加齢臭の対策1.脂っこいものを控え和食にする

 

まず、油っこいものを控えることが

加齢臭の発生を抑えることにつながります。

 

これを解消する良い方法があります。

 

それはなるべく

「和食」を食べること

 

日本古来から食べられていた「和食」は

この条件を満たしており、

まさに理にかなった食事です。

 

 

しかし、現代では食事の欧米化が進み

食が増えています。

 

これらを魚食に変えるだけでも

脂肪酸の発生を抑えることが期待できます。

 

 

加齢臭の対策2.抗酸化作用のあるものを食べる

 

まずは、加齢臭の原因である

飲酒と喫煙を控えること。

(飲酒は適量ならいい)

 

飲酒や喫煙は活性酸素を発生させる

恐れがあります。

 

また、活性酸素の発生を抑制するには

「抗酸化作用」のある食べものを

食べるのが効果的です。

 

緑黄色野菜や種実類(ナッツ等)、海藻類、

果物などポリフェノールやクエン酸、

ビタミン等ですね。

 

また、ニンジンやトマト、茄子、しょうが、

きゅうり、レンコン、アボカド等の野菜に

多く含まれるビタミンやクエン酸、

ポリフェノール等を摂ることで

抗酸化作用が期待できます。

 

 

加齢臭の原因と対策①まとめ

 

今回は食生活から

加齢臭の原因と対策について

取り上げてきました。

 

要するに、油っこいものを控える。

 

また、活性酸素が発生する原因を控えたり

抗酸化作用のある食べ物を摂る。

 

このように食生活の改善を行うことが

加齢臭対策の一つになります。

 

日本古来から食べられてきた和食と

野菜を多く摂ることで加齢臭の原因を

抑制することができます。

 

しかし、欧米化した食事、飲み会、

野菜不足によって加齢臭を

促進してしまいます。

 

 

ただ、これらの対策を

全て実行するのは困難です。

 

ジャンクフードは美味しいし、

付き合いはあるし、

野菜の1日目標摂取量は多い

ですからね。

 

まずは加齢臭の原因を知った上で

食事内容を意識するだけ

でも変わると考えられます。

 

そして

できることから対策を講じる

ことが大切であると考えています。

 

今回は「食生活の改善」による対策を

取り上げてきましたが、

自戒はまた違う原因についても

取り上げていきます。

 

スポンサーリンク